グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  >  診療科  > 循環器集中治療科

循環器集中治療科

最終更新日:2016年10月5日

循環器集中治療科(CCU)

2007年度、専属医師を配置した小児循環器集中治療ユニット(Cardiac Intensive Care Unit)が発足しました。


スタッフ紹介

小児循環器センターの概要

循環器内科医と心臓血管外科医の橋渡し的存在=CCU医

術直後CCU

術直後CCU(CCU医と心臓外科医)

循環器センター カンファレンス

循環器センター カンファレンス(全員)

治療術中経食道エコー

CCU内での心エコーなどによる循環動態の評価、診断、治療術中経食道エコー

CCU入院時心エコー(CCU医と循環器内科医)

CCU医の役割
CCU入院患者すべての全身管理を行う。先天性心疾患術前術後急性期管理カテーテルインターベンション後の急性期管理心筋炎、心筋症、不整脈コントロール

発足の経過・特徴

2007年度 専属医師を配置した小児循環器集中治療ユニットが発足

経過

2007年度静岡県立こども病院にて小児循環器センターが発足
2008年度計18名
  • 小児循環器医7名(+ローテーター1~3名)
  • 心臓血管外科医8名
  • CCU医3名(+ローテータ-1~3名)

特徴

循環器内科医-CCU医-心臓血管外科医の橋渡し的役割を担っている。
循環器内科医レジデントおよびPICUから定期的に一名づつローテートしており、教育の場の中心にもなっている。

CCU医の役割

  1. CCU入院患者すべての全身管理を行う。
    先天性心疾患術前術後急性期管理 カテーテルインターベンション後の急性期 心筋炎、心筋症、不整脈
  2. CCU内での心エコーなどによる循環動態の評価、診断、治療
  3. 術中経食道エコー

手術件数

手術件数 グラフ

手術は1日に1~3件行われており
2007年度:開心術227例、非開心術142例
合計369例施行し全例CCU入室している。

カテーテルインターベンション

カテーテルインターベンション01

カテーテルインターベンション02

心臓カテーテル検査件数350件で横ばいカテーテルインターベンション件数増加→重症度に応じてカテーテルインターベンション後の急性期の全身管理はCCUで行う。

CCU入室患者

2007年度:入室患者数約400名
ECMO:5-10件/年

お問い合わせ

長期・短期研修希望者を受け付けております。興味のある方は下記までご連絡ください。
静岡県立こども病院(CCU責任者:大崎真樹)
電話054-247-6251
メールアドレスonibutasan@icloud.com