グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  >  診療科  > 発達小児科  > 臨床研究

臨床研究

最終更新日:2018年10月30日

発達障害の原因究明

「発達障害」の原因や治療法は依然として解明されていません。発達小児科では神戸大学大学院医学研究科をはじめとする各専門機関と連携し、発達障害の原因究明や治療法の開発にも力を入れています。
発達小児科で行われる臨床研究は、静岡県立こども病院倫理委員会で審査し、その内容について医学的な面だけでなく、お子さんの人権・安全および福祉に対する配慮も十分に検討し、問題がないと考えられた研究だけを行っています。
臨床研究の詳しい内容につきましては、対象となるお子さんとご家族に個別に担当医師からご案内させていただきます。


現在進行中の臨床研究

1)乾燥臍帯を用いた自閉スペクトラム症のリスク因子に関する研究

研究責任者
静岡県立こども病院 発達小児科
溝渕 雅巳

研究代表者
神戸大学大学院医学研究科 小児科学分野
西村 範行

2)乾燥臍帯を用いた発達障害のリスク因子に関する研究

研究責任者
静岡県立こども病院 発達小児科
溝渕 雅巳

研究代表者
神戸大学大学院医学研究科 小児科学分野
西村 範行

3)発達障害児の感覚特性に関する研究

研究責任者
静岡県立こども病院 発達小児科
溝渕 雅巳

研究代表者
神戸大学大学院医学研究科 小児科学分野
西村 範行