グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



活動レポート
ホーム  > 活動レポート  > 11月19日夕食に食育の日特別食を提供しました!

11月19日夕食に食育の日特別食を提供しました!

最終更新日:2018年11月20日

秋田

11月19日夕食に食育の日特別食を提供しました!
【メニュー紹介】
ごはん
野菜椀
きりたんぽ鍋
胡麻和え
果物(バナナ)

★きりたんぽの発祥:「きりたんぽ」は秋田名物として全国に知られています。大館・大鹿地方でその昔、きこり達が山作業の折に残った白い飯を細い棒に巻き付けて、味噌をつけて焼いて食べたことが始まりという説があります。
★きりたんぽの名前の由来:「たんぽ」とは、槍の刃の部分のカバーのことで棒に巻き付けた形がそれに似ていることから「たんぽ」と呼ばれ、「きりたんぽ」は鍋に入れる際、切って入れることから「切りたんぽ」→「きりたんぽ」と称されるようになったと言われています。