グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



特色・取り組み
ホーム  > 特色・取り組み  > 心理教育

心理教育

最終更新日:2019年3月28日

当院では、心理教育を行っています。

精神疾患についての正しい知識や情報をお伝えしながら、困り事の対処方法を学んでいただきます。
グループで実施するので、情報が共有でき、自分らしく過ごすためのヒントが見つかると思います。

心理教育は6回参加していただいております。
医師・心理士・薬剤師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士が話題提供させていただきます。


【心理教育の向上を目指して、病院スタッフが研修を行っていますのでご紹介します】

1

1月24日に作業療法士が担当する第5回目のセッション「再発を防ぐ話とリハビリテーションについて」の心理教育研修を開催し、今まで参加したスタッフにも再度リーダー・コリーダー・板書等の役割を見直せるよう模擬セッションを行いました。参加者からは、「それぞれの役割を再認識することができた」「どのように進行していけばよいか、わかりやすかった」「効果的な板書方法を知りたい」などの意見が聞かれ、有意義な研修となりました。

【Office夢風舎の土屋先生をお招きし、当事者との関係を大切にする日常の関わり方について病院研修会を開催しました】

1

平成31年3月13日、本年度もoffice夢風舎の土屋徹氏をお招きし「コミュニケーションについて考えよう」をテーマに心理教育研修が行われました。多職種が参加し、事例を通してカンファレンスの進め方を学びました。参加者からは「問題点ばかりに目を向けるのではなく、その人の強みや好ましい行動を支持していくことの大切さを知った」「他職種の意見を聞き、どう関わっていけば良いのか考えることができた」と、カンファレンスの進め方だけではなく、どのような視点で見ていけば良いのか学ぶ事ができたとの意見が聞かれ、有意義な研修となりました。