グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門紹介
ホーム  > 部門紹介  > 感染対策室

感染対策室

最終更新日:2018年5月10日

感染対策室の目指すこと

患者さん及びご家族・職員に対し、安全・安心・清潔な医療・職場環境を提供します。

昨今、精神科においても高齢や身体合併症を持った患者さんが入院することから、病院環境も大きく変化しており、精神科特有の感染対策が求められています。
そのため、精神科の弱みを知り、強みを最大限に活かす感染対策の実践を目指しています。

構成員

1. 感染対策室長(ICD)1名
2. 感染対策室専任看護師(CNIC)1名
3. 薬剤師1名
4. 検査技師1名

ICTメンバーとしてそれぞれの職種の専門性を生かし、協力しながら組織横断的に活動を行っています。毎週1回定期的に会議を行い、緊急時には必要に応じて臨時会議を開催しています。

業務内容

1.院内感染事例の把握と対策指導
2.委員会運営と連絡調整
3.感染情報の部署への周知
4.院内感染発生動向の監視(サーベイランス)
5.抗菌薬適正使用の推進
6.院内感染防止マニュアルの作成・修正
7.院内感染ラウンド
8.患者・家族指導
9.職員の教育・研修に関すること
10.アウトブレイク時の対応
11.職員の感染管理
12.感染に関するコンサルテーション
13.感染対策に関わる診療材料・機材の確認および改善
14.感染症関連資料・帳票の整備
15.各種監査に関わること
16.感染対策地域連携