グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



当院をご利用される方
ホーム  > 当院をご利用される方  > 診療科紹介  > 循環器内科  > 循環器内科コラム

循環器内科コラム

最終更新日:2017年9月5日

心臓病の運動療法

あまり運動不足が続くと体力が低下してきます。健常者では体力を向上させるために適切な強度の運動を週に3日以上行うことが必要です。体力の維持は週2日でも可能でしょう。

心臓病の方にもほぼ同じことが当てはまります。心筋梗塞、狭心症、高血圧、安定した慢性心不全、心臓手術後などの患者さんにおいて、運動の効果が立証されています。

また、高脂血症や糖尿病がよくなる可能性もあります。
体力がつきますと、体が軽くなり、日常生活が楽に行えるようになります。今までの息切れがなくなったり、歩行距離が延びるようになります。

どの程度の運動をすればよいかは、専門の先生にご相談下さい。通常は、運動テストを予め行って、運動の強さや、時間を決めます。運動をするときには、その日の体のコンディションや環境条件をみながら、軽い準備運動から始め、主運動の後に、整理体操をして終えるようにします。運動中は、自覚症状と脈拍をみることで運動量の加減をします。

無理な運動はだめですが、歩行を中心に、積極的に、運動することは長生きの秘訣でもありますし、楽しみにもなります。ぜひ、運動習慣をつけて下さい。

『心臓血管撮影装置』

県立総合病院では、このほど2台目の心臓血管撮影装置を導入しました。

この装置は、緊急性の高い心筋梗塞などの心臓疾患を素早く診断・治療することが出来る装置です。

心筋梗塞は、心臓を取り巻く直径4mm以下の栄養血管が詰まり、血液ポンプとしての役割をしなくなる病気です。

最新の画像処理により、この細い血管を従来よりも高画質で見ることが可能になりました。

この画像を見ながら高度な血管再開通治療を施します。

また、2台に増設したことにより、24時間の緊急治療体制がさらに充実し、患者さんの命をより確実に救命することが可能となりました。

エックス線被ばくも最新技術により、従来よりも軽減されています。

心臓血管撮影装置