グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



検査技術室
ホーム  > 検査技術室  > 部門紹介  > 一般検査・尿検査

一般検査・尿検査

最終更新日:2018年6月20日

一般検査では、主に、尿、便、胸水などについて調べています。


一般検査・尿検査

「尿」
尿検体では、尿中のpH、比重、蛋白、糖、ケトン体、ビリルビン、ウロビリノーゲン、潜血、白血球などを検査します。また、尿を遠心し、一番下に沈んだ成分を顕微鏡で観察し、出血や感染、異型細胞などがないかどうかを検査しています。(尿沈渣といいます)

「便」
便検体では、便の中の血液を調べることにより大腸などの消化管からの出血の有無がわかります。そのほかに、寄生虫の検査も行っています。