グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 乳腺外科  > 将来構想・地域貢献

将来構想・地域貢献

最終更新日:2018年5月30日

新しく取り組んだ医療 今後の展望

【1】乳房全摘が必要と考えられる患者さんを対象に当院形成外科と連携して同時再建手術を開始しています。(tissue expanderを用いた人工乳房(インプラント)や場合により直接インプラントを入れる)。
【2】保険外ではありますが乳がん再発のリスクを測定できるOncotype DXの検査が可能になり、実施しています。
【3】遺伝診療科立ち上げに伴い、保険外ですが、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の遺伝カウンセリングと遺伝子検査が可能になり、実施しています。

今後は画像診断カンファランス、リンパマッサージ外来、遺伝カウンセラー相談室、乳房再建外来、患者交流会などを含めた乳腺センターの構築をめざし、今以上に高度な医療に取り組んでいきたいと考えています。また研究に関しては県立大学との共同で研究ができればぜひアイデアを出し研究したいと考えています。