グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 乳腺外科  > 研究発表

研究発表

最終更新日:2018年12月17日
毎年春・秋に開催される日本産婦人科学会関東連合部会・静岡地方部会に演題を提出している。
また、日本周産期新生児医学会にも演題を提出している。

発表論文

平成29年度

Masuda N, Takahashi M, Nakagami K, Okumura Y, Nakayama T, Sato N, Kanatani K, Tajima K, Kashiwaba M.、First-line bevacizumab plus paclitaxel in Japanese patients with HER2-negative metastatic breast cancer: subgroup results from the randomized Phase III MERiDiAN trial.、Jpn J Clin Oncol、47、May 1;47(5):385-392.、2017
Watanabe J, Ito Y, Saeki T, Masuda N, Takano T, Takao S, Nakagami K, Tsugawa K, Nakagawa S, Kanatani K, Nakayama T.、Safety Evaluation of Trastuzumab Emtansine in Japanese Patients with HER2-Positive Advanced Breast Cancer、In Vivo.、31、 May-Jun;31(3):493-500.、2017
Niikura N1, Shimomura A2, Fukatsu Y3, Sawaki M4, Ogiya R5, Yasojima H6, Fujisawa T7, Yamamoto M8, Tsuneizumi M9, Kitani A10, Watanabe J11, Matsui A12, Takahashi Y13, Takashima S14, Shien T13, Tamura K2, Saji S15, Masuda N6, Tokuda Y5, Iwata H4.、Durable complete response in HER2-positive breast cancer: a multicenter retrospective analysis.、Breast Cancer Res Treat. 、、2017 Sep 11. doi: 10.1007/s10549-017-4489-9. 、2017

平成28年度

なし

平成27年度

なし

平成26年度

なし

平成25年度

常泉道子(乳腺外科)
「検診MMGで拾ってほしい3例」
第19回静岡乳腺画像診断研究会,平成25.6.1,静岡
常泉道子・中上和彦・高柳博行(乳腺外科)
「静岡市における乳癌術後の病診連携について」
第21回日本乳癌学会,平成25.6.27-29,浜松
中上和彦・高柳博行・常泉道子(乳腺外科)
「多レジメンの化学療法治療歴を有する進行再発乳癌患者におけるエリブリンの治療戦」
第21回日本乳癌学会,平成25.6.27-29,浜松
高柳博行・常泉道子・中上和彦(乳腺外科)
「当院における浸潤性小葉癌の術式による再発例の検討」
第21回日本乳癌学会,平成25.6.27-29,浜松
常泉道子・中上和彦・高柳博行(乳腺外科)・鈴木誠(病理診断科)
「low grade adenosquamous carcinomaの1例」
第65回静岡県乳癌研究会,平成25.7.26,静岡
高柳博行・常泉道子・中上和彦(乳腺外科)
「治療経過中に髄膜腫を発生した再発乳癌の一例」
第10回日本乳癌学会中部地方会,平成25.9.7-8,名古屋
常泉道子(乳腺外科)
「困っている症例2例」
第3回静岡乳がんセカンドライン研究会,平成25.9.13,静岡
中上和彦(乳腺外科)
「再発乳がんの1例」
第3回静岡乳がんセカンドライン研究会,平成25.9.13,静岡
中上和彦・高柳博行・常泉道子(乳腺外科)
「乳がん術後ホルモン治療による非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな評価」
第75回日本臨床外科学会総会,平成25.11.21-23,名古屋
常泉道子(乳腺外科)
「検診MMGで拾ってほしい3例 」
第20回静岡乳腺画像診断研究会,平成26.2.1,静岡
中上和彦(乳腺外科)
「再発乳がんの1例」
第4回静岡乳がんセカンドライン研究会,平成26.3.28,静岡

学会発表

平成29年度

常泉 道子(乳腺外科)、MMGでひろってほしい2例、第25回静岡乳腺画像診断研究会、2017.1.14、静岡・長泉
高塚大輝、速水亮介、山口慧、常泉道子、中上和彦(乳腺外科)、若年性乳癌の1例、第236回静岡県外科医会、2017.3.4、静岡・沼津
速水亮介(乳腺外科)、HER2陽性乳がん NACでpCRGに早期に単発脳転移をきたした症例、第10回静岡乳がんセカンドライン研究会、2017.5.19、静岡・静岡
常泉 道子(乳腺外科)、乳癌多発脳転移とのNF1の脳所見と鑑別がつかない症例、第10回静岡乳がんセカンドライン研究会、2017.5.19、静岡・静岡
Tsuneizumi M,Saito M,Ogata H, Kutomi G, Hosoya K, Kawai Y, Matsuoka J.、Possible mechanisms of serotonin and aprepitant actions in chemotherapy induced nausea and vomiting (CINV): Insights into the mechanisms of serotonin and aprepitant actions in CINV—According to recent multi-institutional double-blind randomized clinical research on the AC regimen.、ASCO 2017 第53回、2017.6.2-5、Chicago,Ill,USA
Rin Ogiya, Naoki Niikura, Nobue Kumaki, Hiroyuki Yasojima, Tsutomu Iwasa, Chizuko Kanbayashi, ... Risa Oshitanai, Michiko Tsuneizumi, Ken-ichi Watanabe, Akira Matsui, Tomomi Fujisawa, Shigehira Saji, Yutaka Tokuda, Norikazu Masuda, Hiroji Iwata、Immune microenvironment in brain metastases of breast cancer.、ASCO 2017 第53回、2017.6.2-5、Chicago,Ill,USA
常泉 道子、高塚 大輝、山口 慧、速水 亮介、中上 和彦(乳腺外科)、当院における進行・再発乳癌に対する Everolimus(EVE)+Exemestane(EXE) 治療の有効性と安全性の検討、第25回日本乳癌学会、2017.7.13-15、福岡・博多
山口 慧、速水 亮介、高塚 大輝、常泉 道子、中上 和彦(乳腺外科)、HER2陽性転移・再発乳癌に対する抗HER2療法中に心不全を発症した2症例、第25回日本乳癌学会、2017.7.13-15、福岡・博多
高塚 大輝、速水 亮介、山口 彗、常泉 道子、中上 和彦(乳腺外科)、当科における持続性G-CSF製剤ペグフィルグラスチムの使用経験、第25回日本乳癌学会、2017.7.13-15、福岡・博多
細谷 恵子1、常泉 道子2、緒方 秀昭3、九冨 五郎4、河合 佑子5、 杉崎 勝好6、勝俣 範之7、魚森 俊喬8、三浦 佳代8、倉田 麻美8、 新田 由香里9、松岡 浄10、齊藤 光江81鳥取大学医学部附属病院 乳腺内分泌外科、2静岡県立総合病院 乳腺外科、 3東邦大学大森病院 乳腺内分泌外科、 4札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科、5東京医科大学 乳腺科、 6青梅市立総合病院 化学療法外科、7日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科、 8順天堂大学 乳腺科、9順天堂医院 薬剤部、 10順天堂大学 臨床研究支援センター、AC療法に対する標準制吐療法を確認するための多施設共同二重 盲検ランダム化比較試験、第25回日本乳癌学会、2017.7.13-15、福岡・博多
新倉 直樹1、扇屋 りん1、熊木 伸枝1、八十島 宏行2、岩朝 勤4、 神林 智寿子5、大下内 理紗1、常泉 道子6、渡邊 健一7、松井 哲8、 藤澤 知巳9、佐治 重衡3、徳田 裕1、増田 慎三2、岩田 広治10 1東海大学 医学部、2国立病院機構大阪医療センター 乳腺外科、3福島県立 医科大学 腫瘍内科学講座、4近畿大学医学部 臨床腫瘍科、5新潟県立がんセ ンター新潟病院 乳腺外科、6静岡県立総合病院 乳腺外科、7北海道がんセ ンター 乳腺外科、8東京医療センター 外科、9群馬県立がんセンター 乳 腺外科、10愛知県がんセンター中央病院 乳腺科 、乳癌における原発腫瘍と脳転移腫瘍の免疫微小環境の変化 、第25回日本乳癌学会、2017.7.13-15、福岡・博多
A.Shimomura1, N. Niikura2, Y. Fukatsu3, M. Sawaki4, R. Ogiya2, H. Yasojima5, T. Fujisawa6, M. Yamamoto7, M. Tsuneizumi8, A. Kitani9, J. Watanabe10, A. Matsui11, Y. Takahashi12,S. Takashima13, T. Shien12, K. Tamura1, S. Saji14, N. Masuda5, Y. Tokuda2, H. Iwata4,1. Dept. of Breast and Medical Oncology, National Cancer Center, Tokyo, Japan, 2. Dept. of Breast and Endocrine Surgery Tokai University School of Medicine, Kanagawa, Japan. 3. Dept. of Breast Surgical Oncology, St. Luke’s International Hospital, Tokyo, Japan, 4. Depr. of Breast Oncology, Aichi Cancer Center Hospital, Nagoya, Japan,5. Dept. of surgery, breast oncology, National Hospital Organization Osaka National Hospital, Osaka, Japan, 6. Dept. of Breast Surgery, Gunma Prefectural Cancer Center, Gunma Japan, 7. Dept. of Breast Surgery, National Hospital Organization Hokkaido Cancer Center, Sapporo, Japan,8. Dept. of Breast Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan, 9. Dept. of Breast Surgery, Sagara Hospital, Kagoshima, Japan, 10. Dept. of Medical Oncology, Shizuoka Cancer Center, Shizuoka, Japan, 11. Dept. of Surgery, National Hospital Organization, Tokyo Medical Center, Tokyo Japan,12. Dept. of Breast and Endocrine Surgery, Okayama University Hospital, Okayama, Japan, 13. Dept. of Breast Oncology, National Hospital Organization Shikoku Cancer Center, Ehime, Japan, 14. Dept. of Medical Oncology, Fukushima Medical University, Fukushima, Japan、Durable Complete Response in HER2-Positive Breast Cancer – A Multicenter Retrospective Analysis –、ESMO 2017、2017.9.8-12、Madrid・Spain
高塚 大輝、速水 亮介、山口 慧、常泉 道子、中上 和彦(乳腺外科)、術後17年目に発症したリンパ浮腫を契機に皮膚転移と診断した再発乳癌の1例、第15回日本乳癌学会中部地方会、2017.9.9-10、長野・飯田
速水 亮介、高塚 大輝、山口 慧、常泉 道子、中上 和彦(乳腺外科)、HER2陽性進行再発乳癌に対するEribulin、Pertuzumab、Trastuzumab 3剤併用療法の検討、第55回癌治療学会、2017.10.20-22、神奈川・横浜

平成28年度

常泉道子(乳腺外科)
「MMGでわかりにくい2例」
第24回静岡乳腺画像診断研究会、2016.1.23、静岡・長泉
速水亮介(乳腺外科)
「静岡県立総合病院の実際」
東海道Breast懇話会、2016.04.23、神奈川・新横浜
山口慧、速水亮介、高塚大輝、常泉道子、中上和彦(乳腺外科)
「持続性G-CSF製剤(ジーラスタ)の有害事象により入院を要した1例」
第234回静岡県外科医会、2016.6.7、静岡・静岡
塚本文音1、井上賢一2、中上和彦3、水谷三浩4、藤原康弘5、増田慎三6、齊藤光江7、中村香苗8、関口かおり8、大橋靖雄9、野口眞三郎1 独立行政法人 地域医療機能推進機構 大阪病院 乳腺・内分泌外科、2 埼玉県立がんセンター 乳腺腫瘍内科、3 静岡県立総合病院 乳腺外科、4 三河乳がんクリニック、5 国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科、6 国立病院機構大阪医療センター 乳腺外科、7 順天堂大学医学部附属順天堂医院 乳腺科、8 中外製薬株式会社、9 中央大学 理工学部 人間総合理工学科 生物統計学研究室、10 大阪大学 乳腺・内分泌外科
「HER2陽性転移性乳癌のtrastuzumabを用いた一次治療の有効性等の比較の最終解析及び転帰調査結果」
JO17360、第24回日本乳癌学会、2016.6、16-18、東京・江東区
常泉道子、速水亮介、中上和彦(乳腺外科)
「当院におけるHER2陽性進行・再発乳癌に対するTDM-1の有効性と安全性の検討」
第24回日本乳癌学、2016.6、16-18、東京・江東区
速水亮介、常泉道子、中上和彦(乳腺外科)、鈴木誠、新井一守、室博之(病理)
「当科で経験した顆粒細胞腫の4例」
第24回日本乳癌学、2016.6、16-18、東京・江東区
中上和彦、常泉道子、速水亮介(乳腺外科)
「当院におけるホルモン陽性進行再発乳癌に対するFulvestrantの治療成績に関する検討」
第24回日本乳癌学会、2016.6、16-18、東京・江東区
M Tsuneizumi1, M Saito2, H Ogata3, G Kutomi4, Yuko Kawai5, Keiko Hosoya6, K Sugisaki7, N Katsumata8, N Yonemoto2, J Matsuoka2Shizuoka General Hospital1, Juntendo University2, Toho University3, Sapporo Medical University4, Tokyo Medical University5,Tottori University6, Ohmemunicipal general hospital7, Nippon Medical University MusashikosugiBranch Hospital8
「Trial of antiemetic triplet therapy comparing palonosetronand granisetronin breast cancer patients receiving AC chemotherapy:、Double blind randomisedcomparative phase III study」
MASCC 2016、2016.6、23-25、Adelaide、Austlari
成澤誠(認定看護師)、三田村光(乳腺外来看護師)、田中清巳(乳腺外来看護師)、速水亮介、常泉道子、中上和彦(乳腺外科)
「若年性乳がん患者と家族への看護支援を行った1例」
第13回日本乳癌学会中部地方会、2016.09、10-11、愛知・名古屋
高塚大輝、速水亮介、山口慧、常泉道子、中上和彦(乳腺外科)
「当科における持続性G-CSF製材ジーラスタの使用経験」
第14回日本乳癌学会中部地方会、2016.09、10-11、愛知・名古屋
常泉道子(乳腺外科)
「エベロリムス投与中に急性腎不全とカリニ肺炎を発症した1例」
神奈川・静岡ABCForum、2016.10.29、神奈川・新横浜
中上和彦(乳腺外科)、浙江省、2016.11、中国・浙江省
中上和彦(乳腺外科)、静岡薬剤師会、2016.11、静岡・静岡
常泉道子(乳腺外科)
「骨転移の2例」
第9回静岡乳がんセカンドライン研究会、2016.11.18、静岡・静岡
"Ogata H, Saito M, Tsuneizumi M, Kutomi G, Hosoya K, Kawai Y, Sugizaki K, Katsumata N, Senuma K, Kitabatake T, Suda M, Uomori T, Miura K, Kurata M, Nitta Y, Yonemoto N and Matsuoka J. Toho University Ohmori Medical Center, Tokyo, Japan; Juntendo University, Tokyo, Japan; Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan; Sapporo Medical University, Sapporo, Japan; Tottori University, Yonago, Japan; Tokyo Medical University, Tokyo, Japan; Ohme Municipal General Hospital, Ohme, Japan; Nippon Medical School Musashi Kosugi Hospital, Tokyo, Japan; Juntendo University Shizuoka Branch Hospital, Izunagaoka, Japan; Juntendo University Urayasu Hospital, Urayasu, Japan and Juntendo University Nerima Hospital, Tokyo, Japan
「Difference between 1st and 2nd generation serotonin receptor antagonists in triplet antiemetic therapy for highly emetogenic chemotherapy in breast cancer patients – according to recent multi-institutional double-blind randomized clinical research on the AC regimen」
SABCS 2016、2016.12.6-10、San Antonio Tx USA