グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 糖尿病・内分泌内科  > 将来構想・地域貢献

将来構想・地域貢献

最終更新日:2014年12月5日

高度医療・先進医療への取組と将来構想(方向)

各スタッフの専門領域はそれぞれ異なるが、各々の診療内容は豊富な研究成果に裏打ちされて極めて高度である。
現在、内分泌疾患、その他の種々の疾患におけるホルモンの分泌調節、不安定型糖尿病、糖尿病合併症(動脈硬化症を含む)、高血圧合併糖尿病、高脂血症と骨粗鬆症等の成因の究明と治療を臨床研究のテーマにしているが、最近ではインクレチン製剤の臨床的有用性の検討を中心に、院内の他の診療科、院外の他施設との共同研究にも取り組んでいる。
平成3年度末に導入した人工膵島は、糖尿病患者の病態解析に基く治療方針の決定、糖尿病昏睡の治療、近年増加している糖尿病合併患者の手術時の治療成績の一段の向上、などに貢献している。平成22年から、持続血糖モニタリング(CGM)検査を導入し薬物療法の最適化を図っている。カーボカウントを用いた食事指導、CSIIも積極的に導入している。
また、骨密度測定器(DEXA)による骨塩定量、体組成の解析は、内分泌疾患・糖尿病患者、老年者等の診療に大きく貢献している。臍部CTによる内臓脂肪量の測定、血小板活性の評価、hsCRP、adipocytokineなどの各種マーカーを測定することにより動脈硬化症を惹起する代謝症候群の病態の解明を進めている。
高度肥満症に対してチーム医療を様々な角度から行っている。平成10年より糖尿病教育入院用のクリニカルパス(1週間、2週間)を導入し、効率の良い医療と教育効果の飛躍的改善を認めている。
下垂体腫瘍は脳神経外科と、甲状腺・副甲状腺疾患は頭頸部・耳鼻いんこう科と、副腎腫瘍は内視鏡的副腎腫瘍摘出術などで泌尿器科と密接な協力関係にある。

地域医療への貢献実績・地域医師への希望

平成13年、病診連係を推進するために、静岡市、清水市医師会と提携して生活習慣病プライマリケア研究会を発足させ、当院循環器センターとともに年6回の研究会を継続実施してきたが、平成23年度に糖尿病プライマリ研究会として独立し、市内の6病院と合同で年3回開催することとした。医師会員の先生方とスタッフ或いは病院間のコミュニケーションがはかられることにより、両医師会からの紹介患者数は増加し、当院全体の紹介率上昇に寄与している。
内分泌疾患は専門家をもってしても診断に苦慮することが多い。まず、内分泌疾患を疑うことが重要であり、少しでも疑いがあれば、当科へ紹介して頂きたい。診断に特殊な検査を必要とするので、短期入院として、治療方針を決定したい。バセド病の131I治療を積極的に行っている。
橋本病をはじめとしてホルモン補充療法を必要とする疾患や糖尿病などの生活習慣病は慢性疾患であり、その治療のためには、患者教育が最も重要である。幸い当院にはクリニカルパスがあり教育スタッフも揃っているので、遠慮なく利用して頂きたい。
また、重症な合併症、特殊な合併症をきたした場合には、いつでも気楽に相談頂ければ幸いである。