グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 神経内科  > 将来構想・地域貢献

将来構想・地域貢献

最終更新日:2014年12月5日

高度医療・先進医療への取組と将来構想(方向)

  1. 脳梗塞急性期には血栓溶解療法を含め、積極的に治療を行っています。
  2. ボトックス治療なども早期から開始しています。
  3. 神経難病に対しても総合病院の特性をいかして、政策的な医療にも貢献しています。

地域医療への貢献実績・地域医師への希望

動脈硬化を基盤とする脳血管障害に対しては、急性期治療と慢性期の維持療法と役割分担を行いながら地域医療に貢献してきました。

また、一般になじみの薄い、神経難病や神経免疫疾患の診断、治療では、地域医師の要望に応え、専門性を発揮した診療機関として実績を積んできています。