グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 腫瘍内科  > 将来構想

将来構想

最終更新日:2014年12月5日
  • がんの専門知識や資格を持つ医師・薬剤師・看護師や、心理療法士・ソーシャルワーカーなどを化学療法センターの所属とし、共有するMission/Vision下で専門知識や経験を集約することにより更に高度なチーム医療を実現する。また、高度な教育システムを合わせて構築する。(例:専門医,専門薬剤師や専門看護師の育成、薬剤師外来、代替医療相談窓口などの創設)
  • 化学療法を行う医師を化学療法センター所属または兼任とし、臓器やがん種を問わず知識および経験を集約する。(例:呼吸器腫瘍内科、乳腺内科、消化器腫瘍内科、放射線治療医など。)
  • センターに所属する化学療法専門病棟を創設し、入院・外来を問わず同じスタッフが高度なチーム医療の実践および教育システムを構築する。
  • 高度なチーム医療のもと、院外での研究・治験への積極的な参加、および、独自研究を実行し院内外へ発信していく。