グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護部
ホーム  > 看護部  > 看護部について  > 平成30年度成果目標

平成30年度成果目標

最終更新日:2018年5月24日

看護目標

1.患者さん一人ひとりの声に耳を傾け自己決定・自立を支援する

・安全と安心を考慮した看護の提供
・退院促進
・記録の充実、個別性のある計画立案
・他職種との連携強化

2.共に学びチャレンジする教育環境・職場環境を整え看護職員の成長を支援する

・看護師の育成および看護管理者の育成
・人材活用
・人事評価の浸透と活用

3.病院経営への参画と業務の効率化を図る

・業務改善の継続
・ワークライフバランスを踏まえた職員環境の整備
(時間外の削減など)
・診療報酬を理解した行動がとれる
・病院機能評価受審にむけての準備

看護部教育目標

  • 新卒新人を3年間の教育プログラムを用いて日常看護実践場面で判断し、行動できる「一人前」の看護師を育成します
  • 中堅看護師を4年目以上とし、看護実践において看護モデルとなり、中心的役割と指導ができるように育成する
  • 各育成場面において、プリセプターシップを導入し、指導する事で自己の指導能力を向上させる

個人目標

当院の生涯教育の位置づけは、個人目標を達成する手助けです。
  • 組織活性のための目標
  • 自己成長のための目標
採用に関するお問い合わせ
  • 募集お問い合わせフォーム
  • 常勤看護師の募集
  • 非常勤看護師の募集