グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



受診案内
ホーム  > 受診案内  > 医療の特色  > ファシリティドッグ

ファシリティドッグ

最終更新日:2015年3月26日

ファシリティドッグ01

ファシリティドッグが入院中のこどもたちに勇気と希望を与えます。


当院では、動物介在療法及び活動を通じて患者の生活の質を改善し、治療に役立てるため、平成22年に全国で初めてファシリティドッグを導入しました。
ファシリティドッグは、国内では認定 特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズが提供するもので、ストレスを抱えた人々に愛情と安らぎを与えるよう高度に訓練された犬です。


ファシリティドッグ02

現在当院には、雄のゴールデンレトリバーの「ヨギ」が臨床経験のあるハンドラーとともに病院に常勤し、病棟内で患者・家族と交流したり、治療を受ける患者に付き添うなどして、入院中の不安やストレスを軽減し勇気を与えています。
平成26年度からは、より安定した活動の体制を整備するため、シャイン・オン!キッズとは委託契約を締結するに至りました。

認定特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズ

シャイン・オン!キッズ ホームページ

小児がんや重い病気と闘う子どもたちと家族のための全面的サポートを作り上げよう。病気の子どもたちも、そして支える家族にもっともっとたくさんの笑顔を!!

認定特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズは、現在ファシリティドッグプログラムを実施しています。
ファシリティドッグについての問い合わせはシャイン・オン!キッズ(info@sokids.org)までお願いいたします。
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。(別ウィンドウで開きます)