グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門案内
ホーム  > 部門案内  > 臨床研究支援センター  > 臨床研究に関する情報公開  > オプトアウトを用いた研究

オプトアウトを用いた研究

最終更新日:2020年6月15日

このページの目次


通常、臨床研究を行う際には、文書もしくは口頭で説明し、同意を得て、実施します。
臨床研究のうち、患者への侵襲や介入がなく、診療情報等の情報や検体のみを用いる研究では、国が定めた指針(『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』)に基づき、対象となる方から直接同意を得ずに行われる場合があります。この場合には、研究に関する情報を公開して、対象となる方に拒否の機会を設けており、これをオプトアウトと言います。
当院で、オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。研究のためにデータや検体が使用されることを望まない方は、各研究の担当者までお知らせください。

研究一覧

血液腫瘍科

腎臓内科

小児集中治療科

小児外科

整形外科

眼科・血液腫瘍科

産科

内分泌代謝科

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®(別ウィンドウで開きます) が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。