グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門案内
ホーム  > 部門案内  > 成育支援室  > チャイルド・ライフ・スペシャリスト

チャイルド・ライフ・スペシャリスト

最終更新日:2016年12月12日

Child Life Specialist:CLS
認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト:作田 和代


子どもにとって、病院はどんなところでしょう?

MedPlay

  • 自分を大事にしてくれる人がいっぱいいるところ
  • 痛いのや苦しいのがよくなることろ
  • 体が元気になるところ
  • 遊べるところ
  • 大変なこともあるけど面白いこともあるところ

こんなふうに、子どもが感じるように…

チャイルド・ライフ・スペシャリストとは

Child Life Specialists

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)は、子どもにとって受け身の経験が多くなりがちな医療の場において、子どもが自分らしく主体的な存在であり続けられるように、子どもの視点を大切にした遊びや様々な活動を通じて、子どもたちをサポートをしています。

そのようなサポートにより子どもは、気持ちを表現することができ、精神的な負担が軽減されます。また、子どもと家族の声を医療者に届け、子どもと家族が中心となる医療環境を整えることを目指して活動しています。

CLSは1950年代から北米で発展してきた、ストレスを抱えうる状況の子どもや家族に対して心理社会的支援を行う専門職です。大学や大学院でチャイルド・ライフに関する様々な理論(発達心理・成長発達理論、遊びの理論、ストレス対処理論など)や実践を学び、米国のChild Life Council が管理運営する認定試験に合格すると、認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Certified Child Life Specialist:CCLS)になります。