グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門案内
ホーム  > 部門案内  > 放射線技術室  > 核医学

核医学

最終更新日:2014年12月24日

in Vivo 検査/SPECT-CT

in Vivo検査/SPECT-CT:写真01 写真に続いて説明文

核医学検査では体外計測【 in vivo 】のみを行っています。
体外計測検査は、診断目的に応じて様々な薬と標識した放射性同位元素を体内にごく微量投与することで、形態情報(大きさや形)のみならずX線検査等では知ることのできない機能情報(はたらき)も画像化することが可能な、低侵襲検査です。

使われる放射性同位元素は放射線を出し続ける時間が短いため、検査で受ける被ばくは他の放射線検査と同等か、それ以下です。

in Vivo検査/SPECT-CT:写真02 写真に続いて説明文

in vivo検査室全体風景

in Vivo検査/SPECT-CT:写真03 写真に続いて説明文

DVDを見ながら検査を行えます

in Vivo検査/SPECT-CT:写真03 写真に続いて説明文

Siemens製 Symbia T16

お問い合わせ

部署静岡県立こども病院 放射線科