グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



フロアのご案内
ホーム  > フロアのご案内  > 小児集中治療センター(PICU)

小児集中治療センター(PICU)

最終更新日:2014年12月12日

Pediatric Intensive Care Unit「こどもの集中治療室」

PICUはPediatric Intensive Care Unitの略でこどもの集中治療室のことを表します。
PICUでは生命の危機に瀕している、全身管理が必要、身体的侵襲が高い手術後の管理、等の集中治療を必要とする患者さまが入室される病棟です。
24時間365日、院内はもとより院外からの入室依頼を受けており、静岡県の小児救急医療システムの最後の砦という位置を担っています。


私たちの病棟で大切にしていること

入口

PICU看護師は集中治療、全身管理を必要とする患者さまの治療補助・日常生活や家族ケアを担っています。

私たちの病棟で大切にしていること:個別性・成長発達
子どもたちには一人ひとり違った世界感があります。物事の好き嫌い、性格、安心できる環境等、様々です。私たちは、ご家族から入院前の様子を聞いたり、日常のケアの中から、患者さまに応じた関わりが提供できるように努めています。

また、子どもたちは凄まじい速度で成長発達していきます。それは入院治療していても変わりありません。集中治療の場では様々な制限(治療・安静・面会制限等)が生じますが、そういった状況でも成長発達を少しでも促せるようなケアや関わりを提供できるよう心がけています

イラスト

PICUでは県内の各病院から重症患者さまの受け入れを行っています。そのため、救急初療対応ができ、重篤な状態にある患者さまの看護ができるように看護師の教育を行っております。

シミュレーション・専門医による勉強会・事例検討・カンファレンス

毎朝行われる患者カンファレンスに看護師も参加しています。集中治療を要する状況でのため治療が主となっていますが患者さまの個別性や家族ケア等について話し合い、患者さまやご家族がより良い入院生活を過ごしてもらえるよう医療チームに働きかけています。
入院治療中の子どもたちは多大なる不安やストレスを抱いて生活しなければなりません。PICUにおいてもセラピードッグ、保育士、CLS等の他職種との連携があり、子どもたちが抱える不安や苦痛がちょっとでも少なくなるように、また治療を乗り越える手助けになるように関わって下さっています。

セラピードッグ、保育士、CLS等

病床数ICU 8床
医師常勤10名・非常勤3名
看護師30名
施設基準2:1
勤務体制2交替制・3交替制(希望)

救急車、ドクターヘリ