グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



フロアのご案内
ホーム  > フロアのご案内  > 新生児未熟児病棟(北2病棟)

新生児未熟児病棟(北2病棟)

最終更新日:2021年4月14日

生まれてすぐに治療が必要な赤ちゃんが入院する病棟


ベッド数は36床(NICU:18床、GCU:18床)

新生児未熟児病棟

周産期センターが併設されているため、出産後のお母さんが入院中も赤ちゃんの面会に来ることができます。

他施設で小さな赤ちゃんが生まれると、昼夜関係なく、救急車でお迎えに行きます。

救急車

コット

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんのお腹の中と同じような環境に整えた保育器の中で生活します。
温度や光、音に注意し、赤ちゃんにストレスが加わらないようにしています。

保育器

赤ちゃんは非常に感染しやすいため、感染防止の対策を常に徹底しています。
出生後すぐに入院となり、ご両親と離れてしまうので、
愛着形成のためカンガルーケアやタッチケアを取り入れています。パパカンガルーも好評です。
保育器から出ると退院に向けての準備を始めます。

入浴

授乳

検温