グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



フロアのご案内
ホーム  > フロアのご案内  > 周産期センター

周産期センター

最終更新日:2021年4月14日

産科病棟

産科病棟は完全紹介制で、静岡県中部を中心に、全県下ならびに全国からの紹介患者様を受け入れています。
切迫流早産、前期破水、子宮内胎児発育遅延、胎児疾患等の患者様が受診・入院されています。

フロアマップ

産科病棟は西館の2階にあります

受付

産科外来

産科病棟と産科外来が隣同士にあります。

MFICU(6床)

MFICUとは母体胎児集中治療室のことです。ハイリスクの患者様が入院する部屋です。
一般病室と隣同士ですが、自動ドアで仕切られていて、分娩室・手術室に近い側の部屋になっています。

受付

MFICU

一般病室(16床)

MFICU・一般病室ともに、全室個室になっています。病室は2タイプあります。エコー検査などの処置が病室内でできるようスペースが広くなっているタイプの部屋と、洗面台等水周りが近くにあるタイプの部屋があります。
安静にしなければならない患者様が多く、個室内に洗面台・トイレ・シャワーがあります。

一般病室

広いタイプの部屋の一室です。

病室からの眺め

病室の一室からの眺めです。

LDR(2床)

LDR

経膣分娩を行う部屋です。
新生児蘇生器材を含め、分娩に必要なものが収納してあります。
分娩時には助産師、産科医師、新生児科看護師、新生児科医師と必要時は各科の医師が立ち合い、赤ちゃんをお迎えします。

ハイリスク分娩室

ハイリスク分娩室

帝王切開術などの手術を行う部屋です。
LDRに隣接しています。
帝王切開での出産時も赤ちゃんが入院病棟に行く前に、手術室でお母さんと対面することができます。
お母さんと赤ちゃんのつながりを大切にしています。

産科指導室

産科指導室

産後の沐浴指導や、入院患者様のお食事会、季節のイベントを行ったり、患者様同士の交流の場として使用しています。
(2021.3現在、感染対策のため一部中止中)

乳房ケア

当院では、赤ちゃんが他の病棟へ入院となり、直接おっぱいを飲んでもらうことができないお母さんでも、直接授乳ができる時期になるまで搾乳を続けることができるよう、お手伝いをしています。一滴の母乳から赤ちゃんの元にお届けします。
入院中から乳房ケアを積極的に行い、退院後も電話訪問や一ヵ月健診、状況に応じて母乳外来でのケアを実施しています。

母乳外来

当院で出産された方と当院にお子さんが入院されているお母さんの搾乳・授乳などのお困りごとの相談・ケアを助産師がさせていただきます。
外来診療の空きをみて予約を入れていますので、お電話または産科病棟カウンターにてご予約をお願いします。

チーム医療・継続看護

当院では、早産や赤ちゃんの病気のため、生まれてすぐに他の病棟に入院が必要になることが多くあります。産科外来・病棟では、赤ちゃんの入院先の病棟スタッフや地域連携室とカンファレンスを行い、ONE TEAMとなって、赤ちゃんとお母さん・ご家族のサポートをしています。

カンファレンス

妊娠期パンフレット・産後パンフレット