グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門紹介
ホーム  > 部門紹介  > 医療安全室

医療安全室

最終更新日:2020年7月31日

医療安全室の目指すこと

すべての患者さんやご家族、医療従事者、その他の人々に対して事故の発生を防止し、安全で安心できる医療環境を提供します。

業務内容

  1. インシデント・アクシデントレポートの集計と分析及び管理を行います。
  2. インシデント・アクシデント発生時は現場調査、情報収集を行い患者・家族に迅速に対応します。
  3. 患者・家族からのご相談やご意見、クレームに対してよろず相談センター、事務部と連携し、速やかに対応します。
  4. 外部情報の収集、医療安全ラウンドの実施、医療安全ニュースを発行し事故発生を未然に防止します。
  5. 業務改善のための部門間調整を行います。
  6. 医療安全管理マニュアルの作成及び管理を行います。
  7. 医療安全に関する研修会を企画し、運営します。
  8. 医療安全に関する委員会を運営します。
  9. その他、医療安全管理に関すること。

令和2年度 医療安全目標

インシデント報告からの学びを活かし、患者さんの安全を守る
(1)与薬時は、薬を手渡してから飲み込むまでを目で追う
(2)一品一品広げて、「ベルト」「火気類」「刃物」を探す
(3)扉は最後までドアノブに手を添えて、開かない状態になったことを確かめる
(4)患者さんにはフルネームを名乗って頂く、スタッフは患者さんのフルネームをつかう
(申し送りはフルネームを言う、書類や薬包紙はフルネームを確認する等)

医療安全室スタッフ紹介

構成員

  1. 医療安全室長(副院長)

  2. 医療安全室長補佐(副看護部長)

  3. 薬剤師1名

  4. 事務職員1名

  5. 総括リスクマネージャー

医療安全室会議の開催

医療安全室の構成員による会議は、毎月1回開催しています。

医療安全対策カンファレンスの開催

医療安全室の構成員によるカンファレンスは、週1回程度開催しています。
医療安全管理指針・ヒヤリハット報告件数は地方独立行政法人静岡県立病院機構ホームページに掲載してあります。

こちら(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。