グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護部
ホーム  > 看護部  > 看護部について  > 看護部長挨拶

看護部長挨拶

最終更新日:2018年4月27日

弓岡部長

当院は、静岡県の中核病院として、高度医療や先進医療に取り組み、地域医療を支援しています。平成29年9月には、手術室22室、HCU20室、放射線治療室4室を含む先端医学棟がオープンしました。
また、医師の教育研修や看護学生等の実習を受入れ、医療を担う人材育成という役割も果たしています。

看護部では、患者さんに温かい心で寄り添うことを大切にし、質の高い看護の提供に努めています。

質の高い看護を提供し患者さんを支えるために、新人看護師に対する充実したサポート体制や急性期病院の看護師として必要なフィジカルアセスメント能力を強化する環境を整えています。

また、安全な看護を提供するためには、看護職自らが安全で健康に働くことができなくてはならないことから、働き続けられる職場環境の改善にも力を入れています。

医療を取り巻く環境は大きく変化し、医療と生活の視点を持つ看護職への期待は高まっています。病院から地域へ患者さんの生活をつなぐ、チーム医療のコーディネーターとして人と人をつなぐ、未来へ看護をつなぐ、看護職だからこそ果たせる役割です。

一人ひとりの看護職員がやりがいを持って日々の看護に取り組むことができるよう今後も支援を続けていきたいと考えています。

看護部長 弓岡 一惠
採用に関するお問い合わせ
  • 募集お問い合わせフォーム
  • 常勤看護師の募集
  • 有期雇用看護師の募集
  • 有期看護助手募集