グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



病院概要
ホーム  > 病院概要  > 先端医学棟  > フロア案内  > 3F 手術室(16室)

3F 手術室(16室)

最終更新日:2017年8月29日

先端医学棟内の新手術室は、3階と4階にまたがる22室から成り、各室は十分な面積を持っています。同一手術室内での高度な画像診断に基づく、精密で正確な手術が可能となる3種類(MRI、CT、血管造影)のハイブリッド手術室を備え、内視鏡手術に特化した5室に加えてロボット支援手術用の2室を整備し、顕微鏡手術や経口内視鏡手術をより安全に行うことを支援する機能などをも備えています。

術後ハイケアユニット(HCU)、病理検査室が手術室に隣接しておりいるため、患者搬送、検体搬送を短時間で安全に行うことが可能となります。

広くて機能的な手術室で、最新鋭の手術機材を使った高度の手術が安全に行われることは、県民の皆さまに大きな安心を与えると思われます。


ハイブリッド手術室

ロボット手術