グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



病院概要
ホーム  > 病院概要  > 基本理念

基本理念

最終更新日:2017年9月4日

理念

信頼し安心できる質の高い全人的医療を行います
全人的医療:身体、精神、心理、生活様式などを含めた総合的な視点から、患者さん自身の全体的な健康回復を目指す医療

基本方針

  1. 医療を受ける人々の立場に立ち、説明に基づく心のこもった医療を行います。
  2. 県内の中核病院として高度医療や先進的医療に取り組み、地域医療を支援します。
  3. 救急医療、災害医療、へき地医療、結核医療などの政策医療を積極的に担います。
  4. 将来の医療を担う質の高い人材を育成します。
  5. 快適な職場環境の整備と透明性の高い健全な病院運営に努めます。

患者さんの権利

患者さんには、人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利があり、また自らも医療従事者と協力して医療に主体的に参加する権利があります。

静岡県立総合病院は「信頼し安心できる質の高い全人的医療」の理念のもとに、次に掲げる患者さんの権利を尊重し、患者さんの立場に立った医療を行います。

  1. 平等に良質な医療を受ける権利があります。
    当院は、全ての患者さんに対し、社会的地位、国籍、信条などに関わらず、適切な医療水準に基づいた安全な医療を平等に提供します。
  2. 個人として人格、価値観を尊重される権利があります。
    当院は、患者さん個人としての人格、価値観を尊重し、相互の協力関係のもとで納得できる医療を受けていただくよう努めます。
  3. 治療、検査などについて十分な説明を受ける権利があります。
    当院は病状や検査、治療の方法、見通しなどについて、わかりやすい言葉や方法で十分に説明し、理解と納得が得られるよう努めます。
  4. 検査や治療方法を自ら決定する権利があります。
    患者さんは自らも医療に主体的に参加して意見を表明し、十分な説明と情報を得た上で、自分の意志で検査や治療方法を選択し、決定することができます。
    当院は患者さんと協同で効果的な医療を実現するよう努めます。
  5. 自分が受けている医療の内容を知る権利があります。
    受けている医療の内容についていつでも説明を求めることができ、自分の診療記録の開示を求めることができます。当院では日々の診療において医療の内容の説明に努め、患者さんの求めに応じて診療録等の開示を行っています。
  6. 個人情報の秘密を守られる権利があります。
    医療の過程で得られる個人情報の秘密が保持される権利、プライバシーの保護に配慮した環境で診療を受ける権利について厳正に取り扱っていきます。
  7. 研究段階の医療については、十分な説明を受けたうえで同意または拒否する権利があります。
    薬の治験や研究途上の治療については、目的、危険性などについて十分な説明を受けたうえで同意または拒否することができます。また、一度同意しても不利益を受けることなくいつでも拒否することができます。

患者さんへのお願い

  1. 医療者にご自身の病状、経過について正確にお知らせください。
  2. ご自身の病名、病状の説明を十分理解出来るまで聞いてください。
  3. 合意した検査・治療に自ら積極的に取り組んでください。
  4. 院内の規則や指示を守り、他の患者さんの迷惑にならないようにしてください。
  5. 当院は研修指定病院、県の基幹病院として研修医、医学生、看護学生などの育成を担っています。研修・実習・見学へのご理解とご協力をお願いします。
  6. 当院は研究、教育機関として、診療のために採取した血液や組織などの残りを研究のために使用させていただくことがあります。
    また、学会発表、がん登録などで患者さんのデータを使用させていただくことがあります。いずれも個人情報は保護されます。ご理解、ご協力をお願いいたします。
  7. 皆様の個人情報を保護するため、院内での写真・動画撮影はご遠慮ください。