グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  >  診療科  > 皮膚科

皮膚科

最終更新日:2016年3月14日

週間診療予定表

外来診療は隔週1回、金曜日に行っております。
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前-----
午後----八木
(2週)

赤木
(1・3・4・5週)

スタッフ紹介

医師 八木 宏明

医師 赤木 有沙

主な対象疾患

外来患者の方は、アトピー性皮膚炎と脱毛症が過半数を占めます。特に、難治性の全頭型脱毛患者が多くなっています。その他には、骨髄移植後のGVHD、薬疹、膠原病、白斑、炎症性角化症、遺伝性疾患(色素性乾皮症,先天性表皮水疱症)、母斑(ほくろ、血管腫)、母斑症(レックリングハウゼン病)、皮膚腫瘍や感染症(尋常性疣贅、伝染性軟属腫、単純ヘルペス、伝染性膿痂疹、真菌症)などがあります。

アトピー性皮膚炎患者では、厚生省が作成した<アトピー性皮膚炎治療ガイドライン>に準拠した治療を行っています。 1)原因・悪化因子の検索と対策 2)スキンケア3)ステロイド外用剤と抗アレルギー剤を中心とする薬物療法を3本柱として、定期的な経過観察をするようにしています。

扁平母斑、単純性血管腫、太田母斑などの母斑患者では、特にレーザー治療に関する相談が増えています。

先天性疾患は、先天性表皮水疱症や色素性乾皮症が主となっています。全身的な合併症が多いため、当科では日常の生活指導を主体としています。