グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 血液内科

血液内科

最終更新日:2014年12月5日

低悪性度リンパ腫、多発性骨髄腫、特発性血小板減少性紫斑病などの疾患に対し新規薬剤が導入され、治療の選択が広がってきたことは朗報である。

静岡県内全体で血液診療を行っている病院、医師数など急減している中で市立静岡病院、島田市民病院などと連携し血液診療をおこなっている。また当院でも常勤スタッフの欠員の補充が困難であった。高齢化社会、血液疾患の特殊性(診療所、他病院での受け入れ困難)、移植患者の長期入院とあいまって限られた病床数でこれ以上の入院調整は困難な状況である。