グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 小児科  > 診療実績・医療の取り組み

診療実績・医療の取り組み

最終更新日:2020年3月19日
  1. プライマリーケアー(専門化された医療ではない一般小児科)が主体ですが、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患を専門としています。子育て支援にも力を入れています。
  2. 医療行為に伴うこどもへの精神的負担がなるべく軽減されるように取り組んでいます。
  3. 食物アレルギーに対する検査として食物負荷試験を行っています。

業務実績

平成30年度

入院患者数は313名であった。
新たに小児気管支喘息パスを作成し、気管支喘息発作に対する円滑な入院診療に取り組んだ。
プレパレーションやディストラクションなど医療の中に遊びを取り入れ、看護師や病棟保育士などと協力して、診療を受ける子どもに対して精神的苦痛を軽減させるための取り組みを継続して行っている。
パス名平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年
小児肺炎・気管支炎13519213512490
小児胃腸炎2227252516
食物負荷試験557711
新生児高ビリルビン血症6656313421
新生児感染症1526121210
新生児低血糖1019281819
新生児呼吸障害7275403754
新生児嘔吐症714844
小児気管支喘息2