グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > リハビリテーション科

リハビリテーション科

最終更新日:2017年9月4日

当科の取り組み・基本方針

当科では、患者さんのご要望にお応えできるように努力をしております。チーム医療の一員として、各診療科の医師や看護師とカンファレンス等連絡を密にし、患者さんの情報交換をしています。患者さんが安心して、より早期に社会復帰していただくリハビリテーションを目指しています。

理学療法では、近年、高齢者の方が全身麻酔の手術を受ける機会が増えており術後の呼吸器合併症の予防に呼吸リハビリテーション(痰を出しやすくします)を導入しております。包括的リハビリテーションとして糖尿病および慢性呼吸不全の運動療法を医療チームで指導しています。

作業療法では、患者さんの主体的な生活の獲得を図るため、早期からの作業活動(身の回りの動作、日常生活関連活動、社会活動など…)に必要な機能に対しての治療、指導、援助を行っています。また、手の外科患者に対してのハンドセラピーも積極的に行っています。