グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門紹介
ホーム  > 部門紹介  > 手術部  > 麻酔科

麻酔科

最終更新日:2017年10月2日

ご挨拶

静岡県立総合病院は、県内有数の手術件数を誇っており、食道・肝胆膵手術、心臓血管外科、呼吸器外科など難易度の高い手術が多く、ロボット手術や経カテーテル大動脈弁置換手術(TAVI)といった高度先進医療もどんどん導入しています。さらには、超高齢者や色々な合併症を有するハイリスク患者の手術も飛躍的に増加しています。この様な状況下で麻酔科医は、周術期患者の生命の安全を守り、早期回復させる必要があり、非常に重要で責任の重い役割を担っています。当麻酔科では、患者さんの安全管理はもとより、侵襲を上手に制御し、合併症を起こさずアウトカムを悪化させない様な質の高い麻酔を行うように心がけており、これを実践するために、積極的に新しい知識や技術を取り入れるよう日々努力しています。

また術中の麻酔だけではなく、術前の患者の診察、評価を十分に行い、適切な麻酔計画・準備を行っています。術後は、ハイリスクの手術症例は、HCU、ICUに入室し、患者管理は主科の医師が行っていますが、麻酔科も患者さんの状態を把握し、患者管理に関与しています。

当院麻酔科は、現在非常勤を含めた12名の麻酔科医で局麻、一部の脊椎麻酔を除いた年間約4200件の手術管理をおこなっています。それ以外にもペインクリニック外来、集中治療室の運営に携わっており、麻酔科医の活躍する場所は、いくらでもあります。手術件数は年々増加しており、さらには平成29年度には先端医学棟新設に伴い、手術室が22室(現在12室)に増えるため、現状では手術麻酔の業務を優先せざるを得ませんが、できるだけ早期に集中治療業務のさらなる充実を進めていきたいと思っています。

当院麻酔科は、仕事はそれなりに忙しいですが、過重労働にならず、楽しく仕事ができるように当直や時間外勤務を考慮し、できるだけ年休も消化できるようにしています。また女性医師も数多く活躍しています。出産・育児などに対して院内の保育体制は充実しており、勤務に関しても十分に相談の上、無理なく働くことができる体制を提供しています。

手術部長兼麻酔科主任医長 横山順一郎

スタッフと専門領域

職名氏名専門領域学会専門医資格等
手術部長
主任医長
横山 順一郎麻酔科学
救急医学
ペインクリニック
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
日本ペインクリニック学会 専門医
浜松医科大学 臨床教授
臨床研修指導医
医長青嶋 由紀江麻酔科学
ペインクリニック
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
医学博士
医長渥美 和之麻酔科学
ペインクリニック
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
臨床研修指導医
医長藤井 俊輔麻酔科学
ペインクリニック
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
臨床研修指導医
医長森本 恵理子麻酔科学
集中治療
ペインクリニック
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
日本集中治療医学会 専門医
医学博士
医長髙良 麻紀子麻酔科学
心臓麻酔
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
日本周術期経食道心エコー委員会 認定医(JB-POT)
Infection Control Doctor (ICD)
医長青木 善孝麻酔科学
集中治療
EBM
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
日本集中治療医学会 専門医
米国集中治療医学会 FCCSインストラクター・MCCRCプロバイダー
日本医学シミュレーション学会 SEDインストラクター
ARDS診療ガイドライン2016 SR作成委員
医長航 尚子--
医長柳田 京子麻酔科学
集中治療
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 指導医・専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
米国集中治療医学会 MCCRCプロバイダー
副医長中右 麟太郎麻酔科学
心臓麻酔
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 専門医・認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
副医長清水 祐一郎--
医師上中 龍麻酔科学
心臓麻酔
集中治療
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
日本周術期経食道心エコー委員会 認定医(JB-POT)
米国集中治療医学会 FCCSプロバイダー
医師小笠原 孝麻酔科学
心臓麻酔
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
日本周術期経食道心エコー委員会 認定医(JB-POT)
医師山口 智子麻酔科学
心臓麻酔
臨床麻酔全般
日本麻酔科学会 認定医
厚生労働省認可 麻酔科標榜医
レジデント谷口 弘樹--
レジデント丹羽 琢哉--

認定学会名(施設認定)

  • 日本麻酔科学会
  • 日本ペインクリニック学会

診療実績・新しく取り組んだ医療

麻酔法別麻酔科関与症例の動向

平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年
手術件数(手術室内)6,9406,7086,4726,7547,495
麻酔科管理症例3,7743,7023,7394,0034,148
全身麻酔3,3143,3803,3973,6713,836
脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔284193166157128
硬膜外麻酔94121
脊髄くも膜下麻酔132112139130148
伝達麻酔1313343252
その他2202110

集中治療病棟(ICU,CCU)の動向

平成23年度平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度
患者総数1,023人778人717人738人762人
延べ患者数4,085人3,499人3,041人2,993人3,046人
平均在室日数4.0日5.1日4.2日4.0日4.0日

HCU病棟の動向

平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度
患者総数858人1,368人1,556人1,574人
延べ患者数2,285人2,847人2,927人3,308人
平均在室日数2.7日2.1日1.9日2.1日

診療内容及び高度先進医療への取組と将来構想(方向)

当院麻酔科は常勤スタッフ8名、フェロー1名、レジデント3名という12名の麻酔科専任医師で運営しております。

主たる業務は手術麻酔で、手術中の全身状態を安定化させることで手術侵襲から身体を守る役割を果たしています。手術件数は別欄の通りで、静岡県トップクラスの手術件数を誇ります。静岡県で2病院のみ指定されている「高度救命救急センター」を有し、緊急手術も豊富です。また手術支援ロボットda Vinciや経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)といった高度先進医療も導入され、地域の患者様に提供しています。2017年内に「先端医学棟」が完成し、手術室が12室から22室へ大幅に増加します。手術件数の増加が見込まれますが、引き続き患者さんに安全な医療を提供していけるようスタッフの増員を目指しています。

また手術麻酔以外に麻酔科スタッフで下記業務に取り組んでおります。

・術前診察外来の運営
個人ごとに異なる麻酔方法を説明することで術前の不安を軽減しています。
・ペインクリニック外来の運営
外来診療で神経ブロックや内服治療を行っています。
・集中治療センター(ICU)の運営
現在は救急科との提携し、ICU運営をしています。
・呼吸サポートチーム(RST)への参加
病院内全体の人工呼吸器や酸素療法の教育、マニュアル作成、相談受付などを行い、呼吸分野の安全管理に寄与しています。麻酔科の他に、救急科/呼吸器内科医師、専門/認定看護師、呼吸療法士、CEなど他職種で構成しています。今後院内急変対応システム(RRS)の内容も取り入れていく予定です。
・院内中心静脈(CVC)穿刺セミナーへの講師派遣
当院では医療安全室運営によるCVC認定制度があり、若手医師や他科の医師への指導をしています。
・臨床研究の施行
医師は診療だけではなく、医学の進歩のため研究を行う必要があります。当科では当院倫理委員会の承認を得て、適切な研究費を確保の上、臨床研究を行っています。

地域医療への貢献実績・地域医師への希望

高齢化と手術技術の進歩に伴いハイリスクの手術症例が増えていますが、他科との連携により安全で質の高い周術期医療を提供するよう努力しています。また上記のようなチーム医療を実践していますが、他施設と横断的な連携を持ちお互い質を高めていける環境を作っていければと思います。

業績

学会発表

平成27年度
高良麻紀子・森本恵理子・藤井俊輔・渥美和之・大嶋進史・横山順一郎(麻酔科),食道癌手術の術式の違いによる麻酔管理の検討,日本麻酔科学会第62回学術集会,平成27年5月28日-30日,神戸.
青木善孝・山田賀奈子・上中龍・柳田京子・渥美和之・横山順一郎(麻酔科),呼吸性代償による低二酸化炭素血症により意識障害、全身痙攣を呈した1症例,公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第13回学術集会,平成27年9月5日,名古屋.
藤田容子・上中龍・大嶋進史・高良麻紀子・森本恵理子・藤井俊輔(麻酔科),拡張型心筋症を合併した腹腔鏡下肝部分切除術の一例,公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第13回学術集会,平成26年9月5日,名古屋.
上中龍・青嶋由紀江・渥美和之・森本恵理子・高良麻紀子・中島太(麻酔科),単心房・単心室を主病変とする成人先天性心疾患患者の麻酔経験,公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第13回学術集会,平成26年9月5日,名古屋.
大嶋進史・青木善孝・横山順一郎・青嶋由紀江・中右麟太郎・柳田京子,メピバカインによるアナフィラキシーが疑われた一症例,公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第13回学術集会,平成26年9月5日,名古屋.
青木善孝・野木村茜・藤田容子・中島太・中右麟太郎・藤井俊輔(麻酔科),病的肥満患者(BMI58.1)の卵巣腫瘍摘出術における麻酔経験,公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第13回学術集会,平成26年9月5日,名古屋.
大嶋進史・横山順一郎・青嶋由紀江・渥美和之・藤井俊輔・青木善孝・高良麻紀子・上中 龍(麻酔科),冠動脈左室瘻を伴った狭心症患者の麻酔経験,日本臨床麻酔学会第35回大会,平成26年10月21日-23日,横浜.

平成26年度
上中 龍・渥美 和之・藤井 俊輔・青木 善孝・大嶋 進史(麻酔科)
「大量出血症例でのデスフルラン使用症例」
公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会,平成26年9月13日,金沢
小林 充・藤田 容子・中右 麟太郎・森本 恵理子・青嶋 由紀江・横山 順一郎(麻酔科)
「デクスメデトミジンで化膿性椎間板炎に対する経皮的内視鏡下病巣創は術中の鎮静鎮痛を管理した1例」
公益社団法人日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会,平成26年9月13日,金沢
青木 善孝・小林 充・森本 恵理子・渥美 和之・横山 順一郎(麻酔科)・三宅 章公(救急科)・野々木 宏(院長代理)
「Rapid Response System(RRS)導入に向けた院内心停止症例の解析」
日本蘇生学会 第33回大会,平成26年12月5日,浜松

平成25年度
鈴木興太(浜松医科大学麻酔蘇生科)・渥美和之・山口裕充・藤井俊輔・横山順一郎(麻酔科)・佐藤重仁(浜松医科大学麻酔蘇生科)
「硬膜外麻酔施行後の硬膜外血腫による後遺症を経験したのち、術後予防管理の徹底によって後遺症を回避することができた硬膜外血腫の一例」
日本麻酔科学会東海・北陸支部第11回学術集会,平成25.9.14,岐阜
上中龍・青嶋由紀江・藤井俊輔・森本理恵子・中右麟太郎・森下真至(麻酔科)
「Klippel-Feil症候群による挿管困難症例の経験」
日本麻酔科学会東海・北陸支部第11回学術集会,平成25.9.14,岐阜
藤田容子・山口裕充・渥美和之・小林充・森下真至・横山順一郎(麻酔科)
「開腹左腎部分切除術中に発症したたこ壺型心筋症の一例」
日本麻酔科学会東海・北陸支部第11回学術集会,平成25.9.14,岐阜
中右麟太郎・上中龍・小林充・藤井俊輔・渥美和之・青嶋由紀江・横山順一郎(麻酔科)
「進行性核上性麻痺を合併した症例の麻酔経験」
日本臨床麻酔学会第33回大会,平成25.11.1-3,金沢
小林充・上中龍・中右麟太郎・藤井俊輔・渥美和之・青嶋由紀江・横山順一郎(麻酔科)
「膀胱全摘除術後に発症したかたいコンパートメント症候群の一例」
日本臨床麻酔学会第33回大会,平成25.11.1-3,金沢

麻酔科医募集

新棟建設(平成29年完成予定)に伴う手術室の増加により、業務量が増加するため当院では、麻酔科指導医をお持ちの先生から専門医を目指す若手の先生まで、幅広く募集しております。
詳しくはこちらをご覧ください。