グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  >  診療科  > こころの診療科(こころの診療センター)

こころの診療科(こころの診療センター)

最終更新日:2018年4月8日

こころの医療センター イラスト

ごあいさつ

ストレスの多い現代社会を背景に、子どものこころの問題は複雑で深刻になってきています。少子化によりわが国の子どもの数は年々減少していますが、その一方でこころの問題で医療機関を受診する子どもは、この5年間で約3倍に増加しています。このように子どものこころの診療へのニードはかつてないほど高まっていますが、専門医、専門機関は全国的に不足しており、静岡県も例外ではありません。

こうした状況を背景に、平成20年4月、高度・専門的な小児医療を提供する県立こども病院に、「こころの診療センター」がオープンしました。

外来部門「こころの診療科外来」では、専門医による診療に加え、心理士による心理検査・心理療法、学校など関連機関との連携により、お子さんとご家族をサポートしています。また、不登校やひきこもりのお子さんを対象としたグループ活動を行っています。

さらに、平成21年4月には入院部門「東館2病棟」を開設しました。入院治療では、児童精神科医、看護師、心理士、精神保健福祉士などの様々な専門職のスタッフが協力してきめの細かいチーム医療を展開しています。また、訪問教育「そよかぜ」を併設し、医療と教育が連携した支援をおこなっています。

こどもと家族のこころの診療センターが、静岡の子どもたちのこころの健康をサポートする中核機関となるよう努力していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

こころの診療センター長 山崎 透