グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 産婦人科  > 研究発表

研究発表

最終更新日:2018年6月14日
毎年春・秋に開催される日本産婦人科学会関東連合部会・静岡地方部会に演題を提出している。
また、日本周産期新生児医学会にも演題を提出している。

発表論文

平成28年度

なし

平成27年度

なし

平成26年度

なし

平成25年度

菊山 正隆(静岡県立総合病院 消化器科), 小阪 謙三
「消化器診療の疑問、これで納得!外来・病棟・当直での初期対応や鑑別診断から検査・画像・薬物治療まで、よくある悩みに答えます」
(第3章)当直時に役立つ!まず何を考え、何を行うか?消化器症状の鑑別診断女性が下腹部痛で来院した場合、婦人科疾患と消化器疾患を鑑別し見分けるポイントは?(解説/特集)
レジデントノート (1344-6746)15巻8号 Page1479-1484(2013.08)

平成24年度

藤井温子 丸山俊輔 多賀敦子 安本晃司 白岩幹正 小阪謙三
「卵巣癌治療により多発性筋炎の寛解が得られた一例」(静岡県立総合病院 産婦人科)
関東連合産科婦人科学会誌
小阪謙三
「子宮頸がんの治療とケア」
がん患者ケア 2013年1・2月号、pp11-20

学会発表

平成28年度

[学会]
(佐藤幸保),小阪謙三,(岡田由貴子),(中島正敬),(小西郁生),(畑山博),(高倉賢二) ,(藤田浩平),(堀江克行),(巽啓司),(野々垣多加史),(永野忠義),(竹村秀雄),(石川行良),(林道治),(中村光作),(廣瀬雅哉),(吉岡信也),(後藤真樹),(長谷川雅明) 京都大学産婦人科関連施設群
「双胎の分娩方法について 経膣か帝切か?」
平成28年4月21-24日、第68回日本産科婦人科学会、一般演題、東京、東京国際フォーラム
小阪 謙三, 川島 直逸,寒河江 悠介, 森田 絢子,李泰文, 小林 弘尚, 川村温子,南波 美沙,伊藤訓敏,鈴木 直宏,露木 大地
「当科における子宮頸癌に対する手術用ロボットを用いた手術の導入と施行例について」
平成28年9月2日、第56回日本産科婦人科内視鏡学会、一般演題(ポスター)、長崎、長崎ブリックホール
[講演]
小阪 謙三
がん征圧大会「大切なあなたと一緒にがん検診~がん医療最先端~」
平成28年9月11日、平成28年度静岡県がん征圧大会、講演、静岡市、グランシップ

平成27年度

[学会]
西口 富三・鈴木 康之・土井 貴之・岩崎 真也・水野 薫子・根本 泰子・小阪 謙三・田村 圭浩・河村 隆一・平井 強・山本 泰廣
「地域における産科大量出血症例の発生状況 その年次的推移と背景病態に関する検討」
第51回日本周産期・新生児医学会,静岡県中部地区周産期運営委員会,一般演題,平成27年7月10-12日,福岡,ヒルトン福岡シーホーク.
安本 晃司, 森田 絢子, 南波 美沙, 小林 弘尚, 寒河江 悠介, 小阪 謙三
「サルコイドーシスの多発リンパ節腫大のため、診断に2回のリンパ節生検を要した再発子宮頸癌の1例」
第57回日本婦人科腫瘍学会,一般演題,平成27年8月7-9日,盛岡,アイーナいわて県民情報交流センター.
小阪 謙三・寒河江 悠介・森田 絢子・小林 弘尚, 南波 美沙
「腹腔鏡とda Vinciを用いて行った広汎子宮頸部切除術の1例」
第55回日本産科婦人科内視鏡学会,一般演題,平成27年9月10-12日,横浜,パシフィコ横浜.
寒河江 悠介・小阪 謙三・森田 絢子・小林 弘尚・南波 美沙
「当科で施行している初期子宮体癌に対する腹腔鏡下根治術について」
第55回日本産科婦人科内視鏡学会,一般演題,平成27年9月10-12日,横浜,パシフィコ横浜.
小阪 謙三・寒河江 悠介・森田 絢子・小林 弘尚・南波 美沙
「セプラフィルム導入法の一工夫」
第55回日本産科婦人科内視鏡学会,一般演題,平成27年9月10-12日,横浜,パシフィコ横浜.
小阪 謙三・寒河江 悠介・森田 絢子・小林 弘尚・南波 美沙
「腹腔鏡とda Vinciを用いて妊孕性温存広汎子宮頸部切除術を行った子宮頸癌の1例」
第53回日本癌治療学会,平成27年10月29-31日,一般演題,京都,国立京都国際会議場.
小阪 謙三・森田 絢子・寒河江 悠介・小林 弘尚・南波 美沙・丸山 俊輔
「若年未経産のため妊孕性を温存し無事妊娠出産に至った卵巣粘液性腺癌の1例」
第53回日本癌治療学会,一般演題,平成27年10月29-31日京都,国立京都国際会議場.
森田 絢子・寒河江 悠介・小林 弘尚・南波 美沙・小阪 謙三
「機能性子宮を有する腟下部欠損の1例」
静岡県産婦人科学会,一般演題,平成27年5月31日,静岡市,もくせい会館.
[講演]
小阪 謙三
「最先端医療:婦人科がん低侵襲手術 ―da Vinciロボット手術 & 腹腔鏡―」
ふじのくにバーチャルカレッジ交流会,講演,平成27年8月25日,浜松市,クラウンパレス浜松.
小阪 謙三
「婦人科領域のがんについて」
がん医療公開講座,講演,平成28年1月23日,静岡市,グランシップ.

平成26年度

安本 晃司, (中澤 祐介), 多賀 敦子, 丸山 俊輔, 小阪 謙三
「大腸癌肺転移術後の妊娠中に縦隔リンパ節転移を認めFOLFIRI療法を施行した一例」(平成26年7月13-5日、第50回日本周産期・新生児学会、
一般演題、東京、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル)
安本 晃司, 丸山 俊輔, 小林 弘尚, 森田 絢子, 多賀 敦子, 寒河江 悠介, 白岩 幹正, 鈴木 誠, 室 博之, 小阪 謙三
「卵巣癌と術前診断した低悪性度子宮内膜間質肉腫の晩期再発例」
(平成25年7月17-9日、第56回日本婦人科腫瘍学会、一般演題、栃木県宇都宮市)

平成25年度

小阪謙三
「婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術とロボット手術について」
(平成25年5月18日、第13回山陰産科婦人科内視鏡研究会、特別講演、米子ワシントンホテルプラザ)
「婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術とロボット手術について」
(平成25年6月2日、平成25年度静岡産科婦人科学会春季学術講演会、ランチョンセミナー、清水テルサ):小阪謙三
小阪謙三、寒河江悠介、安本晃司、森田絢子、白岩幹正
「当科で施行している直腸腟瘘手術について」
(平成25年6月2日、平成25年度静岡産科婦人科学会春季学術講演会、一般講演、清水テルサ)
丸山俊輔、多賀敦子、小阪謙三
Cesarean hysterectomyにおける総腸骨バルーンカテーテル留置の有用性
(平成25年7月14-16日、第49回日本周産期新生児医学会学術集会、一般講演、パシフィコ横浜)
多賀敦子、丸山俊輔、小阪謙三
妊娠中の発生した絞扼性イレウスの1例
(平成25年7月14-16日、第49回日本周産期新生児医学会学術集会、一般講演、パシフィコ横浜)
「婦人科悪性腫瘍に対する体腔鏡下手術とロボット手術について」
(平成25年10月27日、第126回関東連合産科婦人科学会学術集会、教育セミナー、アクトシティー浜松)

平成24年度

「婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術とロボット手術について」
(平成23年2月6日、静岡市産婦人科医会、特別講演、ホテルアソシア静岡)