グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 産婦人科  > 診療実績・医療の取り組み

診療実績・医療の取り組み

最終更新日:2016年12月26日

診療実績

平成27年度

産科領域は、平成27年度総分娩数516例(H25年度415例)であり、前年度比24.3%増加となった。ここ数年の目標であった分娩数増を実現することができた。今後も分娩数に関してはさらなる増加を目指していきたいと考えている。なお帝王切開数は144例(H25年度137例)とほぼ横ばいであり、正常分娩の増加が認められ望ましい傾向であると考えている。
周産期搬送も積極的に受け入れており、産褥出血例など大量輸血やICU管理が必要な症例、他科との連携が必要な症例が主であり、当院の総合力に負う部分が大きい。
婦人科手術総数も337例と増加している。特に、腹腔鏡下手術は92例と平成26年度(63例)と比較しても46%増加しており腹腔鏡下手術の比率が高まっている。
悪性腫瘍(浸潤癌のみ)初回治療症例数はここ数年と大きな変化はない。
23年度24年度25年度26年度27年度
産科実績総分娩数569448436415516
うち帝王切開188129129137144
周産期搬送症例18682225
骨盤位経腟分娩00000
婦人科実績婦人科手術総数285205235267337
腹式単純子宮全摘術9671108106103
腟式単純子宮全摘術910494
開腹付属器/卵巣腫瘍摘出術1138911210189
腹式筋腫核出術3324251421
広汎子宮全摘術1518162424
腹腔鏡下手術1914476392
Da Vinci(ロボット)---54
悪性腫瘍
初回治療症例数
子宮頸癌2037414629
子宮体癌1730354235
卵巣癌2925322927
卵管癌20001
腹膜癌21123
腟癌21012