グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 整形外科

整形外科

最終更新日:2017年9月4日

整形外科が行う診療

静岡県立総合病院整形外科は、静岡県中部の中核病院として、背骨、関節(肩関節、股関節、膝関節など)、上肢(肘、手、指)などほぼすべての整形外科疾患を網羅し、高度で安心のできる医療を提供しています。治療に際しては、まず正しい診断を確実につけることを心掛けており、治療方法は可能な限り患者さんに負担が少ない方法を選択するようにしています。

例えば、背骨では、顕微鏡、内視鏡、コンピューターナビゲーションシステムなどを使用して正確な手術をしています。股関節では、人工関節置換術の件数が年々増えていますが、これもコンピューターナビゲーションシステムなどを利用して正確な手術を展開しており、この10年ほどの成績は飛躍的に向上しており、人工関節の寿命も長くなっています。膝関節では、内視鏡を利用した手術と人工関節置換術が主になりますが、人工膝関節置換術では高度先進医療に指定された患者さんの骨モデルを作成する試みや、部分的に人工関節を行うなどの取り組みも行っていますので、担当医に尋ねてみてください。肩関節・肘関節では、早くから内視鏡治療を取り入れ、内視鏡治療では東海地区でこの数年トップクラスの手術件数になっています。その他の上肢の疾患は以前より症例も多く、保存的治療と手術を組み合わせ、治療後の成績にこだわって治療しています。