グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 消化器外科  > 研究発表

研究発表

最終更新日:2018年6月14日

このページの目次


発表論文

平成28年(1月~12月)

瀧雄介・大端考・佐藤真輔・渡邉昌也(外科)・新井一守(病理診断科)・高木正和(外科)
「直腸癌術後25日目発症のtoxic shock syndromeの1例」日
本臨床外科学会雑誌,77(2):393-398, 2016
Shinsuke Sato(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka), Toshimasa Tsujinaka(Department of Surgery, Kaizuka City Hospital,Osaka), Toru Masuzawa(Department of Surgery,Osaka Police Hospital, Osaka), Kazuyoshi Yamamoto(Department of Surgery, Osaka National Hospital Osaka), Tsuyoshi Takahashi(Department of Gastroenterological Surgery, Osaka University Graduate School of Medicine, Osaka), Yoshito Yamashita(Department of Surgery, Osaka City General Hospital, Osaka), Junya Fujita(Department of Surgery, NTT West Osaka Hospital, Osaka), Masakazu Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka), Seiichi Hirota(Department of Surgical Pathology, Hyogo Collge of Medicine, Hyogo), Toshirou Nishida(Department of Gastric Surgery, National Cancer Center Hospital East,Chiba)
「Role of metastasectomy for recurrent/metastatic gastrointestinal stromal tumors based on an analysis of the Kinki GIST registry」
Surg Today DOI 10.1007/s00595-016-1351-3 Published online:19 May 2016.
Shinsuke Sato, Erina Nagai, Yusuke Taki, Masaya Watanabe, Michiro Takahashi, Yusuke Kyoden, Ko Ohata, Hideyuki Kanemoto, Noriyuki Oba(Department of Gastroenterological Surgery),Keisei Taku(Department of Medical Oncology),Makoto Suzuki(Department of Pathology),Masakazu Takagi(Department of Gastroenterological Surgery)
「A long-surviving case of gastric cancer with main portal vein tumor thrombus after surgical resection and postoperative S-1 therapy」
Clin J Gastroenterol, DOI 10.1007/s12328-016-0665-4.
Hitoshi Katai(Gastric Surgery Division, National Cancer Center Hospital), Junki Mizusawa(Japan Clinical Oncology Group Data Center/Operations Office, National Cancer Center), Hiroshi Katayama(Japan Clinical Oncology Group Data Center/Operations Office, National Cancer Center), Masakazu Takagi(Department of Gastroenterological Surgery, Shizuoka General Hospital), Takaki Yoshikawa(Department of Gastrointestinal Surgery, Kanagawa Cancer Center Hospital), Takeo Fukagawa(Gastric Surgery Division, National Cancer Center Hospital), Masanori Terashima( Division of Gastric Surgery, Shizuoka Cancer Center), Kazunari Misawa(Department of Gastroenterological Surgery, Aichi Cancer Center Hospital), Shin Teshima(Department of Surgery, National Hospital Organization, Sendai Medical Center), Keisuke Koeda(Department of Surgery, Iwate Medical University), Souya Nunobe(Department of Gastroenterological Surgery, Cancer Institute Hospita), Norimasa Fukushima(Department of Surgery, Yamagata Prefectural Central Hospital), Takashi Yasuda(Department of Gastroenterological Surgery, Hyogo Cancer Center), Yoshito Asao(Department of Gastroenterological Surgery, Tenri Hospital), Yoshiyuki Fujiwara(Department of Gastroenterological Surgery, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases), Mitsuru Sasako(Division of Upper Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Hyogo College of Medicine)
「Short-term surgical outcomes from a phase III study of laparoscopy-assisted versus open distal gastrectomy with nodal dissection for clinical stage IA/IB gastric cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0912」,
Gastric Cancer, DOI 10.1007/s10120-016-0646-9.
鳥居翔・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(消化器外科)・菊山正隆(消化器内科)
「陽子線治療後に肝切除を施行した肝細胞癌の1症例」
Liver Cancer, 22 , 2016.
Yasunori Akutsu(Department of Frontier Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University, Chiba), Ken Kato(Gastrointestinal Medical Oncology Division, National Cancer Center Hospital, Tokyo), Hiroyasu Igaki(Esophageal Surgery Division, National Cancer Center Hospital, Tokyo), Yoshinori Ito(Esophageal Surgery Division, National Cancer Center Hospital, Tokyo), Isao Nozaki(Department of Surgery, National Hospital Organization Shikoku Cancer Center, Matsuyama), Hiroyuki Daiko(Esophageal Surgery Division, National Cancer Center Hospital East, Kashiwa), Masahiko Yano(Department of Surgery, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka), Harushi Udagawa(Gastroenterological Surgery, Toranomon Hospital, Tokyo), Satoru Nakagawa(Department of Surgery, Niigata Cancer Center Hospital, Niigata), Masakazu Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka), Junki Mizusawa(Japan Clinical Oncology Group Data Center, National Cancer Center, Tokyo,), Yuko Kitagawa(Department of Surgery, Keio University, School of Medicine, Tokyo)「
The Prevalence of Overall and Initial Lymph Node Metastases in Clinical T1N0 Thoracic Esophageal Cancer: From the Results of JCOG0502, a Prospective Multicenter Study.」,
Ann Surg, 264(6):1009-1015, 2016.

平成27年(1月~12月)

野村明芳・高木正和・松本知拓・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行(外科)
「巨大横隔膜上憩室を伴った食道アカラシアに対し腹腔鏡下手術を施行した1例」
日本内視鏡外科学会雑誌,20:95-100,2015
戸松真琴・佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大端考・金本秀行・大場範行(外科)・新井一守(病理診断科)・高木正和(外科)
「気胸併用右側臥位胸腔鏡下手術を施行した食道GISTの1例」
日本外科系連合学会誌,40(2):222-226,2015.
弓削拓也・佐藤真輔・大島健志・大端考・高木正和(外科)・鈴木誠(病理診断科)
「横行結腸癌術後孤立性副腎転移の1例」
日本臨床外科学会雑誌,76(3):567-570,2015.
廣津周・渡邉昌也・佐藤真輔・大端考・大場範行・高木正和
「腹腔鏡下修復術を施行した食道裂孔ヘルニアとMorgagni孔ヘルニア併存の1例」
日本臨床外科学会雑誌,76(6):1338-1342,2015.
高木正和(外科)・宇佐美航(看護部)
「経鼻胃管」
ドレーンカテーテルチューブ管理完全ガイド(照林社),:146-154,2015.
Shinsuke Sato, Erina Nagai, Hiroyuki Hazama, Yusuke Taki, Michiko Takahashi, Yusuke Kyoden, Masaya Watanabe, Ko Ohata, Hideyuki Kanemoto, Noriyuki Oba & Masakazu Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, shizuoka, Japan)
「Video-assisted thoracoscopic esophagectomy in the left lateral decubitus position in an esophageal cancer patient with pectus excavatum」
Asian Journal of Endoscopic Surgery, 8:333-336,2015.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)・新井一守(病理診断科)
「腹腔鏡補助下肝切除後早期に多数の多中心性発生病変を生じた肝細胞癌の1症例」
Liver Cancer,21:109-112,2015.
Shinsuke Sato(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka), Toshimasa Tsujinaka(Department of Surgery, Kaizuka City Hospital,Osaka), Kazuyoshi Yamamoto(Department of Surgery, Osaka National Hospital Osaka), Tsuyoshi Takahashi(Department of Gastroenterological Surgery, Osaka University Graduate School of Medicine, Osaka), Kentaro Kishi(Department of Surgery, Osaka Police Hospital, Osaka), Hiroshi Imamura(Department of Surgery, Toyonaka Municipal Hospital, Osaka), Junya Fujita(Department of Surgery, NTT West Osaka Hospital, Osaka), Masakazu Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka), Seiichi Hirota(Department of Surgical Pathology, Hyogo Collge of Medicine, Hyogo), Toshirou Nishida(Department of Gastric Surgery, National Cancer Center Hospital East,Chiba)
「Primary surgery as a frontline treatment for synchronous metastatic gastrointestinal stromal tumors: an analysis of the Kinki GIST registry」
Surg Today DOI 10.1007/s00595-015-1282-4 Published online:26 November 2015.
Masataka Kikuyama, Haruna Aoyama,(Department of Gastroenterology, Shizuoka General Hospital,Shizuoka, Japan), Yusuke Kyoden,(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka,Japan)
「EUS-guided choledochojejunostomy: a novel method to treat a severely stenotic choledochojejunal anastomosis」
Digestive Endoscopy 2015, Online First.
石川慎太郎・佐藤真輔・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・渡邉昌也・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「食道癌術後の再建胃管潰瘍胸壁穿通の1例」
日本腹部救急医学会雑誌35(7):885-889,2015.
高橋道郎(外科)
「膵液瘻に対する管理」
がん研スタイル 癌の標準手術 膵癌・胆道癌:222,2015.

平成26年(1月~12月)

Akira Minami・Tadamune Otsubo・Daisuke Ieno・Kiyoshi Ikeda・Hiroaki Kanazawa・Kosuke Shimizu・Ko Ohata (Department of Gastroenterological Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)・Tsunehiro Yokochi(Department of Medical Technology, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)・Yuuki Horii・Hokuto Fukumoto・Risa Taguchi・Tadanobu Takahashi・Naoto Oku・Takashi Suzuki,
「Visualization of Sialidase Activity in Mammalian Tissues and Cancer Detection with a Novel Fluorescent Sialidase Substrate,」
PLOS ONE, Volume 9, Issue 1, e81941, January 2014.
吉川俊之・白根尚文(消化器内科)・松田昌範(日本大学医学部附属板橋病院消化器・肝臓内科)・鈴木直之・黒上貴史(消化器内科)・瀧雄介(外科)・新井一守(病理診断科)・菊山正隆(消化器内科)
「バーチャル小腸内視鏡により小腸狭窄マップを作成した,原因不明の多発性小腸潰瘍の1例」
日本消化器病学会雑誌,111:756-764,2014.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術における吸引装置の工夫」
外科,76(8):895-898,2014.
Kazuyoshi Yamamoto MD, phD・Toshimasa Tsujinaka, MD, phD・Tsuyoshi Takahashi, MD, phD・Shinsuke Sato, MD, phD (Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)・Yukio Nishiguchi,MD,phD・Yasuo Nakashima, MD, PhD・Kazuya Muguruma, MD, phD ・Seiichi Hirota, MD, phD・Toshiro Nishida, MD, phD:
「Impact of the Japanese Gastric Cancer Screening System on Treatment Outcomes in Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST)」
An Analysis Based on the GIST Registry, Annals of Surgical Oncology, DOI 10.1245/s10434-014-3971-4, Published online:19 August 2014.
野村明芳・渡邉昌也・大端考・常泉道子・大場範行・高木正和(外科)
「Stage4乳癌治療中に発症した成人Bochdalek孔ヘルニアの1例」
日本臨床外科学会雑誌,75(8):2161-2166,2014.
野村明芳・佐藤真輔・永井恵里奈・京田有介・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「自傷行為により双孔式ストマを離断して体外で小腸切除し、緊急開腹術を施行した1例」
日本腹部救急医学会雑誌,34(6):1237-1240,2014.
福島亮治(帝京大学医学部附属病院)・矢野雅彦(大阪府立病院機構大阪府立成人病センター)・池尻公二(国立病院機構九州医療センター)・望月泉(岩手県立中央病院)・野村尚(山形県立中央病院)・中川悟(新潟県立がんセンター新潟病院)・生越喬二(東海大学医学部付属病院)・高木正和(静岡県立病院機構静岡県立総合病院)
「食道切除または胃全摘術後患者における新規経腸栄養剤(ENG-J)経管投与の有効性および安全性の検討―多施設共同、無作為化、非盲検、平行群間比較試験―」
日本外科系連合学会誌,39(5):840-851,2014.
高木正和(外科)
「教わり上手になろう」
日本医事新報,4714:48,2014.8.30.
佐藤智仁・渡邉昌也・佐藤真輔・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「扁平上皮癌を合併した前仙骨部epidermoid cystの1例」
日本臨床外科学会雑誌 75(11):3175-3179, 2014.

平成25年度

松本知拓・伊関丈治・京田有介・大場範行・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・永井恵里奈(外科)・菊山正隆(消化器内科)
「腹腔鏡下胆嚢摘出後に発生した難治性肝性リンパ漏の1例」
日本消化器外科学会雑誌,46(3):189-195,2013.
大場範行(外科)
「肝臓外科での塩酸レボカルニチンの使用経験」
Frontiers in Gastroenterology,18(3):267-271,2013.
高木航・大端考・西岡裕次郎・小坂隼人・松本知拓・佐藤智仁・伊達数馬・阪田麻裕・花岡優子・渡邊貴洋・大島健志・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和・伊関丈治(外科)
「虫垂子宮内膜症の1例」
静岡県立総合病院医学雑誌,24(1):19-23,2013.
佐藤智仁・伊関丈治・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「PD兼門脈合併切除術中の胃鬱血に対し右胃大網静脈再建が奏功した1例」
日本臨床外科学会雑誌,74(8):2280-2283,2013.
大場範行(外科)・黒上貴史(消化器内科)・伊関丈治・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・京田有介・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志(外科)
「手術を含めた集学的治療により長期生存中のVv3肝細胞癌の2例」
肝臓,54(9):628-634,2013.
川守田啓介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下に切除した成人大網リンパ管嚢腫の1例」
日本臨床外科学会雑誌,74(11):3210-3214,2013.
大場範行(外科)
「Q8 SVR後に発癌した例では,根治切除後5年以後に再発することがありますか?」
肝癌診療Q&A, 中外医学社2013
渡邊貴洋・大端考・佐藤真輔・京田有介・高木正和・伊関丈治
「十二指腸inflammatory fibroid polypの1例」
日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)74(4):936-941, 2013.
渡邊貴洋・大端考・佐藤真輔・高木正和・伊関丈治・鈴木誠
「大腸低分化型腺癌切除例の臨床病理学的検討」
外科75(10):1096-1103, 2013.
松本知拓・佐藤真輔・高木正和・大場範行・大端考・渡邉昌也・鈴木誠
「術後5ヶ月で肝転移再発をきたした上行結腸内分泌細胞癌の1例」
臨床外科68(13): 1488-1492, 2013.
Nakamura K, Katai H, Mizusawa J, Yoshikawa T, Ando M, Terashima M, Ito S, Takagi M, Takagane A, Ninomiya M, Fukushima N, Sasako M.
「A phase III study of laparoscopy-assisted versus open distal gastrectomy with nodal dissection for clinical stage IA/IB gastric Cancer (JCOG0912)」
Jpn J Clin Oncol. 2013 Mar;43(3):324-7.
Inoue K, Sonobe M, Kawamura Y, Etoh T, Takagi M, Matsumura T, Kikuyama M, Kimura M, Minami S, Utsuki H, Yamazaki T, Suzuki T, Tsuji D, Hayashi H, Itoh K.「Polymorphisms of the UDP-glucuronosyl transferase 1A genes are associated with adverse events in cancer patients receiving irinotecan-based chemotherapy.」
Tohoku J Exp Med. 2013;229(2):107-14.
Kagawa Y, Maeda T, Kato Y, Ueda I, Kudo T, Watanabe N, Kimura M, Minami S, Sakamoto T, Yamada H, Takagi M.
「Influence of the slow infusion of a soybean oil emulsion on plasma cytokines and ex vivo T cell proliferation after an esophagectomy.」
J Parenter Enteral Nutr. 2013 Jan;37(1):123-8.

学会発表

平成28年(1月~12月)

M.Takahashi,Y.Kyoden,H.Kanemoto,N.Oba,M.Watanabe,K.Ohata, and M.Takagi (Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)
「The Effect of Skeletal Muscle on Outcome after Pancreatic Resection for Pancreatic Adenocarcinoma」
American Society for Parenteral and Enteral Nutrition,平成28.1.16-19, Austin Convention Center ,Austin Texas America.
青島早栄子・高橋玲子・芹澤陽子(栄養管理室)・匂坂博美・齋藤静江(検査技師室)・西川直美(看護部)・岩崎剛士(薬剤部)・永井恵里奈・渡邉昌也・高木正和(外科)
「経腸・経口摂取の栄養サポートにMCTオイルの使用経験」
第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会,平成28.2.25-26,福岡.
匂坂博美・齋藤静江(検査技師室)・青島早栄子・高橋玲子・芹澤陽子(栄養管理室)・西川直美(看護部)・岩崎剛士(薬剤部)・永井恵里奈・渡邉昌也・高木正和(外科)
「広範囲熱傷、多発外傷に介入し、栄養評価の経過をみた1症例」
第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会,平成28.2.25-26,福岡.
小関佑介・佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・金本秀行・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「遅発性外傷性横隔膜ヘルニア嵌頓の1例」
第52回日本腹部救急医学会総会,平成28.3.4,東京.
村木隆太・金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行(外科)・黒上貴史(消化器内科)・鈴木誠(病理診断科)・高木正和(外科)
「膵原発が疑われた腺扁平上皮癌の1例」
第106回静岡胆膵疾患研究会,平成28.3.5,静岡.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)「肝嚢胞に対する外科治療症例の検討」第57回静岡県肝臓談話会,平成28.3.5,静岡.
瀧雄介・渡邉昌也・永井恵里奈・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「高齢者胃癌の治療法選択と1年生存率に影響する術前因子の検討」
第88回日本胃癌学会総会,平成28.3.17-19,別府.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「A long survived case of gastric cancer with portal vein thrombus treated by surgery followed by S-1」
第88回日本胃癌学会総会,平成28.3.19,別府.
野木村茜・金本秀行・大場範行・京田有介・高橋道郎・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・間浩之・永井恵里奈・大島健志・高木正和(外科)
「大腸癌肝・肺転移切除後の総肝動脈周囲リンパ節転移に対して外科的切除を施行した1例」
静岡県外科医会第233回集談会,平成28.3.19,富士.
鈴木隆之・大端考・間浩之・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)・公平直樹(泌尿器科)
「S状結腸癌膀胱浸潤に対して腹腔鏡下手術を施行した1例」
静岡県外科医会第233回集談会,平成28.3.19,富士.
高木哲彦・金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行・大島健志・間浩之・大端考・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・高木正和(外科)
「当院におけるIncidental Gallbladder Cancerの治療成績と再発因子の検討」
第116回日本外科学会定期学術集会,平成28.4.14,大阪.
西川和宏(国立病院大阪医療センター外科)・藤谷和正(大阪府立急性期・総合医療センター外科)・稲垣均(横山胃腸科病院外科)・赤丸祐介(大阪厚生年金病院外科)・徳永伸也(大阪市立総合医療センター)・高木正和(静岡県立総合病院外科)・田村茂行(関西労災病院外科)・杉本直俊・重松忠・吉川貴己・石畝亨・中村将人・山根貴夫・山田誠・今野元博・飯島正平・梨本篤・森田智視・円谷彰(TRICS study group)・坂本純一(東海中央病院)・辻仲利政(市立貝塚病院外科)
「術後補助療法早期再発例と進行再発癌二次治療例との違いはあるか?―TRICS試験探索的検討―」
第116回日本外科学会定期学術集会,平成28.4.15,大阪.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「当院における高齢者に対する食道癌手術治療成績」
第116回日本外科学会定期学術集会,平成28.4.16,大阪.
高橋道郎・京田有介・金本秀行・大場範行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「膵癌切除症例における術前の予後栄養指数の長期予後への影響」
第116回日本外科学会定期学術集会,平成28.4.16,大阪.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎(外科)
「当院における膵内分泌腫瘍(pNET)に対する切除成績の検討」
第116回日本外科学会定期学術集会,平成28.4.16,大阪.
M.Takahashi, Y.Kyoden, H.Kanemoto, N.Oba, M.Watanabe, K.Ohata, and M.Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)
「The Influence of Changes in Body Composition Following Neoadjuvant Treatment on Outcome after Pancreaticoduodenectomy for Pancreatic Cancer」
International Hepato-Pancreato-Biliary Association 12th World Congress, 平成28.4.20-23, Sheraton WTC, San Paulo, Brazil.
Yusuke Kyoden(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)
「The Outcome of Surgical Resection in Patients with Pancreatic Neuroendocrine Tumors(pNET) in our Hospital」
International Hepato-Pancreato-Biliary Association 12th World Congress, 平成28.4.20-23, Sheraton WTC, San Paulo, Brazil.
金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)
「胆道再建における胆管空腸連続縫合の治療成績」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.2,大阪.
幸本達矢・金本秀行・佐藤祐充・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)
「当院における血液透析患者の肝切除手術成績」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.2,大阪.
高木哲彦・金本秀行・佐藤祐充・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)
「緊急腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した急性胆嚢炎症例における術前MRI撮影の有用性の検討」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.2,大阪.
鳥居翔・金本秀行・大場範行・京田有介・高橋道郎・佐藤祐充・高木正和(外科)
「化学療法後の障害肝を背景とした直腸癌肝転移切除後の難治性腹水に対してトルバプタンが著効した1例」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.2,大阪.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・高木正和(外科)
「当院における膵体尾部癌に対する膵体尾部切除後の膵液瘻に対する検討」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.4,大阪.
佐藤祐充・金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)
「肝門部胆管癌根治術後にシートベルト外傷で拳上空腸断裂をきたした1例」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.4,大阪.
高橋道郎・大場範行・京田有介・金本秀行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「肝細胞癌切除症例における術前の全身性炎症反応の予後予測能について」
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成28.6.4,大阪.
Gaku Chiguchi(Department of Gastroenterology, Japan Labour Health and Welfare Organization, Yokohama Rosai Hospital, Yokohama, Japan), Haruhiko Cho(Department of Gastrointestinal Surgery, Kanagawa Cancer Center, Yokohama, Japan), Shinsuke Sato(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka,Japan), Tsuyoshi Takahashi(Department of Gastroenterological Surgery, Osaka University Graduate School of Medicine, Suita, Japan), Kazuhito Nabeshima(Department of Surgery, Tokai University, Isehara, Japan), Tsunehiko Maruyama(Department of Surgery, Hitachi General Hospital, Hitachi, Japan), Mikinori Kataoka(Department of Gastroenterology and Hepatology, International University Of Health And Welfare, Mita Hospital, Tokyo, Japan), Hirotoshi Kikuchi(Second Dept. of Surgery, Hamamatsu University School of Medicine, Hamamatsu, Japan)
「Risk factors for gastrointestinal stromal tumors (GISTs)with suspicious/ obvious tumor spillage」
2016 American Society of Cancer Oncology Annual Meeting, 平成28.6.3-7, Mc Cormick Place, Chicago, Illinois, USA.
山口潔乃・大場範行・小井土耕平・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・高木正和(外科)
「FAIT療法にてCR後13年で新たに肝細胞癌を発症した1例」
静岡県外科医会第234回集談会,平成28.6.11,静岡.
山口慧・速水亮介・髙塚大輝・常泉道子・中上和彦(乳腺外科)
「持続型G-CSF製剤(ジーラスタ)の有害事象により入院を要した1症例」
静岡県外科医会第234回集談会,平成28.6.11,静岡.
渡辺祐記・瀧雄介・小井土耕平・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「血液透析患者に発症した横行結腸間膜ヘルニアの一例」
静岡県外科医会第234回集談会,平成28.6.11,静岡.
藤川遼・渡邉昌也・高木哲彦・大島健志・瀧雄介・永井恵里奈・間浩之・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下に切除した脾門部リンパ節結核の1例」
第41回日本外科系連合学会学術集会,平成28.6.16,大阪.
村木隆太・佐藤真輔・大端考・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・渡邉昌也・金本秀行・大場範行(外科)・室博之(病理診断科)・高木正和(外科)
「特発性虫垂重積症の1」
第41回日本外科系連合学会学術集会,平成28.6.16,大阪.
幸本達矢・京田有介・高橋道郎・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「膵断端閉鎖部破綻による腹腔内膿瘍に対し内視鏡的治療が奏功した膵体尾部切除の1例」
第41回日本外科系連合学会学術集会,平成28.6.16,大阪.
佐藤祐充・金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)
「肝下部下大静脈semiclampを併用した肝切除術後に重篤な急性腎機能障害を起こした2例」
第41回日本外科系連合学会学術集会,平成28.6.17,大阪.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・高木正和(外科)
「当院における食道粘膜下腫瘍に対する治療と成績」
第70回日本食道学会学術集会,平成28.7.6,東京.
鈴木克徳・渡邉昌也・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・高木正和(外科)
「術前化学放射線療法後食道癌術後アシネトバクター感染によるDICを発症した1例」
第70回日本食道学会学術集会,平成28.7.6,東京.
村木隆太・間浩之・曽根田亘・大島健志・大端考(外科)・新井一守(分子病理科)・高木正(外科)
「完全内臓逆位症を伴った盲腸癌に対して腹腔鏡下回盲部切除術を施行した1例」
静岡内視鏡外科研究会,平成28.7.9,沼津.
小関佑介・佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「特発性食道破裂の4例」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.14,徳島.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「肝切除後のPeginterferon α 2a 少量長期投与は再発を抑制するか?」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.14,徳島.
瀧雄介・佐藤真輔(外科)・大石和伸(細菌検査室)・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行(外科)・鈴木誠・新井一守(病理診断科)・高木正和(外科)
「様々な経緯で診断された結核性腹膜炎の3例―腹腔鏡検査の有用性について」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.14,徳島.
長晴彦(神奈川県立がんセンター消化器外科)・高木正和(静岡県立総合病院外科)・尾阪将人(がん研有明病院)・益澤徹(大阪警察病院外科)・近藤正人(神戸市立医療センター中央市民病院外科)・坂井義治(京都大学付属病院消化管外科)・黒川幸典(大阪大学医学部付属病院消化器外科)・北川雄光(慶応義塾大学医学部一般・消化器外科)・鍵村達雄(公益財団法人先端医療振興財団臨床研究情報センター)・西田俊朗(国立がん研究センター東病院上腹部外科)
「腫瘍破裂を有するGISTの臨床病理学的特徴―ハイリスクGIST完全切除後観察研究(STAR ReGISTry)」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.15,徳島.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「食道癌手術症例における治療開始前Prognostic Nutrition Indexの臨床的意義」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.15,徳島.
渡邉昌也・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「当院における腹腔鏡下胃全摘術の再建法の検討」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.15,徳島.
高橋道郎・大場範行・京田有介・金本秀行・間浩之・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「ICG消失率を利用した予後栄養指数が、肝細胞癌切除症例の長期予後に与える影響について」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.15,徳島.
高木哲彦・大場範行・高橋道郎・京田有介・金本秀行・高木正和(外科)
「切除不能肝細胞癌破裂に対してTAE・TACE・肝動注化学療法・肝切除を行い長期予後が得られた1例」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.15,徳島.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「術前FDG-PET-CTが浸潤性膵管癌の診断と予後に与える影響に関する検討」
第71回日本消化器外科学会総会,平成28.7.15,徳島.
Ryuta Muraki, Hideyuki Kanemoto, Michiro Takahashi, Yusuke Kyoden, Noriyuki Oba(Department of Surgery),Takafumi Kurokami(Department of Gastroenterology), Makoto Suzuki(Department of Pathology), Masakazu Takagi(Department of Surgery)
「A case of adenosquamous carcinoma presenting with mostly squamous cell carcinoma and little amount of adenocarcinoma component」
第47回日本膵臓学会大会,平成28.8.4-7,仙台.
Yusuke Kyoden, Noriyuki Oba, Hideyuki Kanemoto, Michiro Takahashi, Masakazu Takagi(Department of Surgery)
「The Value of intraoperative washing cytology for invasive ductal pancreatic cancer」
第47回日本膵臓学会大会,平成28.8.4-7,仙台.
小井土耕平・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大場範行・高木正和(外科)・菊山正隆・川口真矢・黒上貴史(消化器内科)・新井一守・鈴木誠(病理学部)
「総胆管―十二指腸吻合後36年経過して吻合部に発生した胆管癌の1例」
第52回日本胆道学会学術集会,平成28.9.30,横浜.
永井恵里奈・渡邉昌也・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「当院におけるOverlap法による腹腔鏡下胃全摘術後の再建」
第69回静岡県癌治療研究会,平成28.10.1,静岡.
高木哲彦・大場範行・高橋道郎・京田有介・金本秀行・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「肝細胞腺腫切除後多発再発を認めたcrohn病の1例」
静岡県外科医会第235回集談会,平成28.10.8,浜松.
藤川遼・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「上行結腸癌の転移と鑑別を要したリンパ節結核の1例」
静岡県外科医会第235回集談会,平成28.10.8,浜松.
Yusuke Taki (Department of Gastroenterological Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan), Tsuneaki Kenzaka (Division of Community and Family Medicine, Jichi Medical University, Tochigi, Japan), Ko Ohata, Masaya Watanabe, Hideyuki Kanemoto, Shinsuke Sato(Departmentof Gastroenterological Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan), Takeshi Nakamura,Taro Takeshima(Division of Community and Family Medicine, Jichi Medical University, Tochigi, Japan), Noriyuki Oba, Masakazu Takagi(Department of Gastroenterological Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)
「Cause and Responsible Microorganisms of Bacteremia after Gastrointestinal Surgery」
American College of Surgeons Clinical Congress 2016,平成28.10.19,Washington,D.C,America.
佐藤真輔(外科)
「転移・再発GISTの治療選択と成績」
近畿GIST研究会 医師主導研究連絡会,平成28.10.29,大阪.
京田有介(外科)・菊山正隆(消化器内科)・大場範行・金本秀行・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「当院における膵体尾部切除後の膵液瘻に対するInterventional EUSの経験」
第92回日本消化器内視鏡学会総会,平成28.11.5,神戸.
藤川遼・金本秀行(外科)・秋本剛秀(心臓血管外科)・室博之(病理診断科)・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「外科治療に画像診断システムが有用であった総肝動脈瘤の1例」
,第78回日本臨床外科学会総会,平成28.11.24,東京.
幸本達矢・金本秀行・間浩之・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「大腸癌同時性肝転移に対して原発巣切除と右門脈塞栓術を同時に行い2期的に肝切除を施行した1例」
第78回日本臨床外科学会総会,平成28.11.25,東京.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「胸腔鏡下食道切除術の短期成績にBMI値が及ぼす影響」
第78回日本臨床外科学会総会,平成28.11.26,東京.
大島健志・大端考・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「小児期に発症し診断に苦慮した結腸憩室穿孔の1例」
第78回日本臨床外科学会総会,平成28.11.26,東京.
間浩之・大島健志・大端考・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「3D血管再構築画像を用いた腹腔鏡下横行結腸癌手術手技」
第78回日本臨床外科学会総会,平成28.11.26,東京.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「当院における高齢者浸潤性膵管癌に対する切除成績に関する検討」
第78回日本臨床外科学会総会,平成28.11.26,東京.
瀧雄介(外科)・大石和伸(細菌検査室)・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「消化器外科手術後の菌血症の頻度、原因菌に関する後ろ向き観察研究」
第29回日本外科感染症学会総会学術集会,平成28.12.1,東京.
榎田浩平・黒上貴史・大津卓也・佐藤辰宣・青山弘幸・増井雄一・青山春奈・川合麻実・寺田修三・大野和也(消化管内科)・佐藤真輔(外科)
「成人の肥厚性幽門狭窄症の一例」
第59回日本消化器内視鏡学会東海支部例会,平成28.12.3,名古屋.
間浩之・大島健志・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「進行横行・下行結腸癌に対する3D血管再構築画像を用いた手術手技標準化」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「胸腔内癒着症例に対する胸腔鏡下食道切除術」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.
幸本達矢・間浩之・大島健志・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「当院におけるS状結腸軸捻転症に対する腹腔鏡下手術の検討」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・間浩之・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「腹腔鏡下洗浄ドレナージが有用であった肝切除後MRSA腹腔内感染症の1例」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.
瀧雄介・渡邉昌也・小関佑介・永井恵里奈・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下幽門側胃切除術中に重複左胃動脈を認めた一例」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.
大島健志・大端考・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「原因検索に腹腔鏡手術が有用であった内ヘルニアの1例」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.
村木隆太・間浩之・曽根田亘・大島健志・大端考・高木正和(外科)
「完全内臓逆位症を伴った盲腸癌に対して腹腔鏡下回盲部切除術を施行した1例」
第29回日本内視鏡外科学会総会,平成28.12.8-10,横浜.

平成27年(1月~12月)

大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和(外科)
「ソラフェニブ投与開始後2年以上生存中の3例」
第11回日本肝がん分子標的治療研究会,平成27.1.31,東京.
弓削拓也・間浩之・大端考(外科)・櫻井和江(看護部)
「大腸憩室穿孔術後のストーマ関連合併症とストーマ閉鎖術に関する検討」
第32回日本ストマ・排泄リハビリテーション学会総会,平成27.2.28,東京.
佐藤真輔(静岡県立総合病院外科)・山本和義(大阪医療センター外科)・高橋剛(大阪大学消化器外科)・今村博司(市立豊中病院外科)・藤田淳也(NTT西日本大阪病院外科)・岸健太郎(大阪警察病院外科)・高木正和(静岡県立総合病院外科)・辻仲利政(市立貝塚病院外科)
「診断時に転移巣を認めたGISTに対する局所治療の実態と成績:近畿GIST研究会登録事業Part1」
第87回日本胃癌学会総会,平成27.3.5,広島.
土屋博紀・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「V-P shunt tubeがS状結腸に穿通した1例」
第51回日本腹部救急医学会総会,平成27.3.5,京都.
幸本達矢・京田有介・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「放射線障害に起因する小腸膀胱瘻に対して瘻孔部小腸を温存し修復に利用した一例」
第51回日本腹部救急医学会総会,平成27.3.5,京都.
大島典彦・大島健志・土屋博紀・永井恵里奈・間浩之(外科)
「穿孔性虫垂炎術後に赤痢アメーバによる腹腔内膿瘍を発症し治療に難渋した1例」
第51回日本腹部救急医学会総会,平成27.3.5,京都.
瀧雄介・渡邉昌也・永井恵里奈・佐藤真輔・金本秀行・高木正和(外科)
「当院における85歳以上の胃癌に対する治療の現状と治療方針に影響する因子の検討」
第87回日本胃癌学会総会,平成27.3.6,広島.
Noriyuki Oba, H.Kanemoto, Y.Kyoden, M.Takahashi, M.Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital)
「The Outcome of Laparoscopic Liver Dissection for Hepatocellular Carcinoma.」2
4th Scientific Meeting of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver,平成27.3.12-15,Istanbul Congress Center Istanbul, Tarkey.
弓削拓也・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「広汎な胃浸潤をきたした横行結腸癌の一例」
静岡県外科医会第230回集談会,平成27.3.14,沼津.
佐々木和馬・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「肝細胞癌の診断で切除された肝血管筋脂肪腫の1例―他2症例の検討を含めて―」
静岡県外科医会第230回集談会,平成27.3.14,沼津.
佐藤祐充・金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)・菊山正隆(消化器内科)・鈴木誠(病理診断科)
「膵尾部の巨大仮性嚢胞形成を契機に発見された膵体部癌の1例」
第104回静岡胆膵疾患研究会,平成27.3.14,静岡.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和(外科)・新井一守(病理診断科)
「腹腔鏡補助下肝切除後早期に肝内転移様に多数の多中心性発生を生じた肝細胞癌の1例」
第51回肝癌症例検討会,平成27.4.11,東京.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和(外科)
「肝細胞癌肝切除例における血清総分岐鎖アミノ酸/チロシンモル比(BTR)測定の意義」
第51回日本肝臓学会総会,平成27.5.21-22,熊本.
Masakazu Takagi, Hitoshi Katai, Junki Mizusawa, Kenichi Nakamura, Takaki Yoshikawa, Masanori Terashima,Seiji Ito, Shin Teshima, Keisuke Koeda, Takeshi Sano, Norimasa Fukushima, Takashi Yasuda, Yoshito Asao, Yoshiyuki Fujiwara, Mitsuru Sasako(Stomach Cancer Study Group of Japan Clinical Oncology Group(JCOG),Japan)
「A Phase III Study of Laparoscopy-assisted Versus Open Distal Gastrectomy with Nodal Dissection for Clinical Stage IA/IB Gastric Cancer(JCOG0912):Analysis of the safety and short-term clinical outcomes.」
2015American Society of Clinical Oncology,平成27.5.29-6.2,Chicago,Illinois,USA.
Yusuke Taki, Masaya Watanabe, Erina Nagai, Shinsuke Sato, Hideyuki Kanemoto, Msakazu Takagi(Shizuoka General Hospital, Division of Gastroenterological Surgery)
「Postoperative complications after gastrectomy in elderly gastric cancer patients」
11th International Gastric Cancer Congress in San Paulo, Brazll,平成27.6.4-6, WTC Event Center San Paulo,Brazll.
鳥居翔・金本秀行・大場範行・京田有介・高橋道郎・佐藤祐充・高木正和(外科)
「術後7年で肝側胆管断端再発を認めた胆管癌の1例」
第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成27.6.11,東京.
佐藤祐充・金本秀行・高橋道郎・京田有介・大場範行・高木正和(外科)
「膵尾部の巨大仮性嚢胞形成を契機に発見された膵体部癌の1例」
第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成27.6.12,東京.
石川慎太郎・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・鳥居翔・佐藤祐充・高木正和(外科)
「細胆管細胞癌様の成分を含む混合型肝癌の1例」
第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成27.6.12,東京.
高橋道郎・京田有介・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「術前治療による栄養状態の変化が膵頭部癌切除後の予後に与える影響について」
第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成27.6.12,東京.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎(外科)
「膵体尾部癌に対するRAMPSの切除成績に関する検討」
第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成27.6.13,東京.
長田留奈・渡邉昌也・小井土耕平・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)・鈴木誠(病理診断科)
「小腸穿孔で緊急手術を施行したdiffuse large B-cell lymphomaの1例」
静岡県外科医会第231回集談会,平成27.6.13,静岡.
村木隆太・佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「右胃大網動脈瘤破裂の1例」
静岡県外科医会第231回集談会,平成27.6.13,静岡.
幸本達矢・佐藤真輔・大端考・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「真菌性腹腔内膿瘍をきたしたS状結腸憩室穿孔の1例」
第40回日本外科系連合学会学術集会,平成27.6.18-19,東京.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・瀧雄介・永井恵里奈(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術における中下縦隔郭清術の工夫」
第69回日本食道学会学術集会,平成27.7.2-3,横浜.
渡邉昌也・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・高木正和(外科)
「空腸瘻孔からの逆行性内視鏡により治療した食道癌術後吻合部完全狭窄の1例」
第69回日本食道学会学術集会,平成27.7.2-3,横浜.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道亜全摘術100例の経験と短期成績」
第18回静岡内視鏡外科研究会,平成27.7.4,静岡.
佐藤真輔(静岡県立総合病院外科)・辻仲利政(市立貝塚病院外科)・益澤徹(大阪警察病院外科)・山本和義(大阪医療センター外科)・高橋剛(大阪大学大学院消化器外科)・山下好人(大阪市立総合医療センター消化器外科)・藤田淳也(NTT西日本大阪病院外科)・高木正和(静岡県立総合病院外科)・西田俊明(国立がん研究センター東病院胃外科)
「転移・再発GISTに対する局所治療の実態と成績:近畿GIST研究会登録事業」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.15,浜松.
鳥居翔・間浩之・大端考・大島健志・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下に再手術を施行した大腸癌Double stapling technique後縫合不全の4例」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.15,浜松.
石川慎太郎・渡邉昌也・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「当院における腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア修復術の導入と検討」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.16,浜松.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「浸潤性膵管癌に対する術前FDG-PET-CTの意義についての検討」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.16,浜松.
間浩之・曽根田亘・石川慎太郎・大島健志・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術手技と短期成績」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.16,浜松.
高橋道郎・京田有介・金本秀行・大場範行・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「骨格筋が膵頭部癌切除後の予後に与える影響について」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.17,浜松.
瀧雄介・渡邉昌也・永井恵里奈・佐藤真輔・金本秀行・高木正和(外科)
「高齢者胃癌の治療方針決定に影響する因子と術後合併症の特徴について」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.17,浜松.
弓削拓也・間浩之・大端考・大島健志・曽根田亘・石川慎太郎・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「大腸憩室穿孔に対する手術症例の検討」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.17,浜松.
曽根田亘・金本秀行・間浩之・石川慎太郎・高橋道郎・京田有介・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和
「当院の緊急腹腔鏡下胆嚢摘出術の現状:待機的手術との比較検討」
第70回日本消化器外科学会総会,平成27.7.17,浜松.
高木哲彦(外科)
「当院におけるIncidental gallbladder cancerの検討」
第4回静岡肝胆膵腫瘍外科フォーラム,平成27.9.12,静岡.
金史彦・大島典彦・永井恵里奈・大島健志・間浩之・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「消化管外アニサキスによる癒着性イレウスに対し腹腔鏡下イレウス解除術を施行した1例」
第290回東海外科学会・静岡県外科医会第232回集談会,平成27.10.11,浜松.
鳥居翔・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「陽子線治療後に肝切除を施行したHCCの1例」
第290回東海外科学会・静岡県外科医会第232回集談会,平成27.10.11,浜松.
Yusuke Kyoden(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital)
「The value of RAMPS for left sided invasive ductal pancreatic adenocarcinoma」
The American college of gastroenterology annual scientific meeting,平成27.10.18,Honolulu,Hawai.
鳥居翔・渡邉昌也・瀧雄介(外科)・室博之(病理学)・永井恵里奈・佐藤真輔(外科)・鈴木誠・新井一守(病理学)・高木正和(外科)
「広範なびまん型胃浸潤を認めた胃食道接合部扁平上皮癌の1例」
第53回日本癌治療学会学術集会,平成27.10.29,京都.
石黒めぐみ(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科応用腫瘍学講座)・橋田裕毅(地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院外科)・田中淳一(昭和大学藤が丘病院消化器・一般外科)・佐々木一晃(社団法人日本海員掖済会小樽掖済会病院外科)・横山正(横山胃腸科病院外科)・田内克典(社会医療法人財団慈泉会相澤病院外科センター)・宗本義則(社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院外科)・渡邉昌也(地方独立行政法人静岡県立病院機構静岡県立総合病院外科)・捨田利外茂夫(日本赤十字社水戸赤十字病院第2消化器外科)・新井利之(愛知県厚生農業協同組合連合会安城更生病院外科)・中谷英仁(公益財団法人先端医療振興財団臨床研究情報センター(TRI)統計解析部)杉原健一(東京医科歯科大学)
「StageIII結腸癌術後補助療法としてのS-1療法:ACTS-CC trial最終解析」
第53回日本癌治療学会学術集会,平成27.10.30,京都.
佐藤真輔(地方独立行政法人静岡県立病院機構静岡県立総合病院外科)・辻仲利政(市立貝塚病院外科)・益澤徹(財団法人大阪府警察協会大阪警察病院外科)・山本和義(独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科)・高橋剛(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科)・山村憲幸(地方独立行政法人りんくう総合医療センター外科)・山下好人(大阪市立総合医療センター外科)・藤田淳也(NTT
西日本大阪病院外科)・高木正和(地方独立行政法人静岡県立病院機構静岡県立総合病院外科)・西田俊朗(独立行政法人国立がん研究センター東病院胃外科)「転移個数と再発時期からみた転移・再発GISTの治療選択と成績:近畿GIST研究会登録事業」
第53回日本癌治療学会学術集会,平成27.10.31,京都.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「胆嚢癌に対する術前FDG-PET-CTの意義についての検討」
第53回日本癌治療学会学術集会,平成27.10.31,京都.
鳥居翔・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)・菊山正隆(消化器内科)
「陽子線治療後に肝切除を施行した肝細胞癌(HCC)の1例」
第52回肝癌症例検討会,平成27.11.7,東京.
鳥居翔・大端考・間浩之・金本秀行(外科)
「大腸NECの3例」
第70回日本大腸肛門病学会学術集会,平成27.11.14,名古屋.
高橋道郎・京田有介・金本秀行・大場範行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「サルコペニアが膵癌切除後の予後に与える影響について」
第67回静岡県癌治療研究会,平成27.11.21,静岡.
高木哲彦・高橋道郎・京田有介・金本秀行・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「切除により長期生存が得られた進行胆嚢扁平上皮癌の1例」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.26,福岡.
大島典彦・間浩之・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「S状結腸への浸潤が疑われたLow-grade appendiceal mucinous neoplasmの1例」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.26,福岡.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「超高齢者(85歳以上)肝臓外科手術例の検討」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.26,福岡.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・高木正和(外科)
「膵体尾部癌に対する術前FDG-PET-CTの意義についての検討」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.27,福岡.
小井土耕平・金本秀行・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「主膵管内に充満する形態を呈した粘液産生に乏しい膵管内腫瘍の1例」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.28,福岡.
幸本達矢・佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「成人性肥厚性幽門狭窄症の一例」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.28,福岡.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「胸腔鏡下食道切除術の術中気管膜様部損傷に対する内視鏡下修復術」
第77回日本臨床外科学会総会,平成27.11.26-28,福岡.
瀧雄介・大場範行・間浩之(外科)・鈴木清美(看護部)・望月雅美(診療情報管理室)・高橋道郎・大端考・渡邉昌也・金本秀行・高木正和(外科)
「3部署が共同し効率性を高めたSSIサーベイランス」
第28回日本外科感染症学会総会学術集会,平成27.12.2-3,名古屋.
大島典彦・渡邉昌也・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下に手術を施行したメッケル憩室頸部捻転壊死に伴う絞扼性イレウスの1例」
第28回日本内視鏡外科学会総会,平成27.12.10,大阪.
小井土耕平・間浩之・大島典彦・大島健志・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「繰り返す腸閉塞に対し手術を施行した小腸子宮内膜症の1例」
第28回日本内視鏡外科学会総会,平成27.12.10,大阪.
瀧雄介・大端考・大島健志・間浩之・永井恵里奈・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「盲腸軸捻転症に対し腹腔鏡下盲腸固定術を施行した一例」
第28回日本内視鏡外科学会総会,平成27.12.12,大阪.
佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・渡邉昌也・大島健志・間浩之・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「Morosow胸膜間膜の理解と胸腔鏡下食道切除術へのfeedback」
第28回日本内視鏡外科学会総会,平成27.12.12,大阪.
Noriyuki Oba, H.kanemoto, Y.Kyoden, M.Takahashi, M.Takagi(Department of Surgery, Shizuoka General Hospital)「
Low-dose peginterferon alpha-2a after surgery for hepatocellular carcinoma of hepatitis C patients」
Asian Pacific Association for Study of the Liver single theme conference, HCV Infection and Disease & Recent Advances in Liver Disease,平成27.12.18, Hotel Pullman, New Delhi, India.

平成26年(1月~12月)

国内発表
佐藤祐充・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「ガーゼオーマにより絞扼性イレウスを起こした1例」
静岡県外科医会第227回集談会,平成26.3.1,三島.
新垣秀樹・高木航・永井恵里奈・大島典彦・佐藤祐充・弓削拓也・廣津周・河村崇文・野村明芳・戸松真琴・大島健志・間浩之・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「メッケル憩室出血の1切除例」
静岡県外科医会第227回集談会,平成26.3.1,三島.
戸松真琴・大場範行・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・京田有介・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志(外科)
「当科における鏡視下肝臓手術の現状」
静岡県外科医会第227回集談会,平成26.3.1,三島.
野村明芳・佐藤真輔・大島健志・永井恵里奈・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「自傷行為により双孔式ストマを離断して体外で小腸切除し、緊急開腹術を施行した1例」
第50回日本腹部救急医学会総会,平成26.3.7,東京.
戸松真琴・大場範行・金本秀行・京田有介・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・間浩之・永井恵里奈・大島健志・高木航・野村明芳・川村崇文・廣津周・大島典彦・佐藤祐充・弓削拓也・高木正和(外科)
「当院における肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除の現況とその手術成績」
第55回静岡県肝臓談話会,平成26.3.15,浜松.
大島典彦・高木正和・弓削拓也・佐藤祐充・廣津周・高木航・野村明芳・川村崇文・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)
「術前化学療法にて主病巣が病理学的CRとなった食道癌症例の検討」
第64回静岡県癌治療研究会,平成26.3.15,静岡.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「当院における5cm未満の胃GIST切除症例の検討」
第86回日本胃癌学会総会,平成26.3.22,横浜.
藤田淳也(NTT西日本大阪病院外科・近畿GIST研究会)・高橋剛(大阪大学消化器外科)・山下好人(大阪市立総合医療センター外科)・佐藤真輔(静岡県立総合病院外科)・山本和義(国立病院機構大阪医療センター外科)・中島康夫(大阪赤十字病院外科)・辻仲利政(近畿GIST研究会・市立貝塚病院外科)
「GIST治癒切除後の再発症例に関する検討」
第86回日本胃癌学会総会,平成26.3.22,横浜.
高木航・永井恵里奈・戸松真琴・大島健志・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)・鈴木誠(病理診断科)・高木正和(外科)
「右肺浸潤として切除後、放線菌症合併による癒着と判明した食道浸潤胃癌の1例」
第86回日本胃癌学会総会,平成26.3.22,横浜.
重友美紀・菊山正隆・青山春奈・榎田浩平・山田友世・黒上貴史・白根尚文(消化器内科)・京田有介(外科)・室博之(病理診断科)
「主膵管内乳頭状腫瘍のみを術前画像にて認めた浸潤性膵管癌の1例」
第102回静岡胆膵疾患研究会,平成26.3.29,静岡.
大島典彦・京田有介・渡邉昌也・弓削拓也・佐藤祐充・高木航・野村明芳・川村崇文・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「膵粘液嚢胞腺腫に副腎リンパ管腫を合併した一例」
第102回静岡胆膵疾患研究会,平成26.3.29,静岡.
京田有介(静岡県立総合病院 外科)・伊関丈治(錦野クリニック)・大場範行・渡邉昌也・高木正和・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志・戸松真琴(静岡県立総合病院 外科)
「当院における浸潤性膵管癌に対する術前化学放射線療法後の切除成績」
第114回日本外科学会定期学術集会,平成26.4.3,京都.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術における術野展開の工夫―フレキシブル吸引管の有用性について―」
第114回日本外科学会定期学術集会,平成26.4.5,京都.
佐藤祐充・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道朗(外科)・菊山正隆(消化器内科)・鈴木誠(病理診断科)
「血管腫として経過観察された細胆管細胞癌の1例」
第132回名古屋肝疾患研究会,平成26.4.18,名古屋.
大島典彦・渡邉昌也・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「von Recklinghausen病に合併した多発小腸GISTの1例」
第287回東海外科学会,平成26.4.29,名古屋.
大久保明紘・廣津周・渡邉昌也・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「魚骨の穿通が原因となった小腸イレウスの一例」
第287回東海外科学会,平成26.4.29,名古屋.
大場範行・京田有介・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志・間浩之(外科)
「肝細胞癌切除後再発に対するソラフェニブの治療成績」
第50回日本肝癌学会,平成26.6.5,京都.
大場範行・金本秀行・京田有介・高木正和(外科)
「当院における肝内胆管癌手術例の検討」
第50回日本肝癌研究会,平成26.6.5,京都.
石川慎太郎・佐藤真輔・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「食道癌術後、再建胃管に発症した潰瘍穿通の一手術例」
静岡県外科医会第228回集談会,平成26.6.7,静岡.
小井土耕平・佐藤祐充・永井恵里奈・大島健志・間浩之・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「inflammatory myofibroblastic tumorにより小腸重積を来たした1例」
静岡県外科医会第228回集談会,平成26.6.7,静岡.
佐藤真輔(外科)
「当院における気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術」
静岡県外科医会第228回集談会,平成26.6.7,静岡.
鳥居翔・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「ソラフェニブ投与にて長期間の安定を得ている肝細胞癌術後肺転移の1例」
静岡県外科医会第228回集談会,平成26.6.7,静岡.
佐藤真輔(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術」
第23回静岡ビデオセミナー,平成26.6.7,静岡.
戸松真琴・大場範行・京田有介・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志(外科)
「当科における膵全摘症例の検討」
第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成26.6.13,和歌山.
佐藤祐充・京田有介・大場範行・野村明芳・戸松真琴・高木正和(外科)
「SPNと鑑別困難であった嚢胞を伴った膵神経内分泌腫瘍の1例」
第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成26.6.13,和歌山.
京田有介・大場範行
「当院における膵癌に対するTS-1併用術前放射線化学療法の成績」
第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成26.6.13,和歌山.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「安全かつ安定した気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術のための当院の工夫」
第39回日本外科系連合学会学術集会,平成26.6.19-20,東京.
大場範行(外科)
「治療の進歩・外科治療の最近の話題」
平成26年度日本肝臓学会肝がん撲滅運動・静岡県市民公開講座,平成26.6.28,三島.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・瀧雄介・永井恵里奈(外科)
「左側臥位胸腔鏡下食道切除術におけるMorosow間膜を意識した左上縦隔郭清術」
第68回日本食道学会学術集会,平成26.7.3,東京.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・間浩之・大島健志(外科)
「当院における肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除の手術成績」
第17回静岡内視鏡外科研究会,平成26.7.12,浜松.
土屋博紀・大島健志・大端考・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「医原性大腸穿孔に対する腹腔鏡下手術の2例」
第17回静岡内視鏡外科研究会,平成26.7.12,浜松.
野村明芳・高木正和・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)
「当院におけるBarrett食道癌切除例の検討」
第69回日本消化器外科学会総会,平成26.7.16,郡山.
藤田淳也(NTT西日本大阪病院外科・近畿GIST研究会)・高橋剛(大阪大学消化器外科・近畿GIST研究会)・山下好人(大阪市立総合医療センター消化器外科・近畿GIST研究会)・佐藤真輔(静岡県立総合病院外科・近畿GIST研究会)・山本和義(大阪医療センター外科・近畿GIST研究会))・中島康夫(大阪赤十字病院外科・近畿GIST研究会)・辻仲利政(市立貝塚病院外科・近畿GIST研究会)
「GIST治癒切除後の再発時期および再発形式に関する検討」
第69回日本消化器外科学会総会,平成26.7.16,郡山.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「当院における5cm未満のGIST切除症例の検討」
第69回日本消化器外科学会総会,平成26.7.16,郡山.
大場範行・戸松真琴・京田有介・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志(外科)
「肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除の手術成績」
第69回日本消化器外科学会総会,平成26.7.17,郡山.
京田有介・渡邉昌也・大場範行・高木正和・佐藤真輔・大端考(外科)
「膵頭十二指腸切除術におけるBlumgart変法を用いた当院での膵空腸吻合の工夫」
第69回日本消化器外科学会総会,平成26.7.18,郡山
瀧雄介・大場範行(外科)・野寄節子(細菌検査科)・間浩之・永井恵里奈・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「当院における消化器外科手術後カンジダ血症の頻度と臨床的特徴」
第69回日本消化器外科学会総会,平成26.7.18,郡山.

大島典彦・大場範行・金本秀行・京田有介・戸松真琴・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「ソラフェニブ投与にて長期生存中の肝細胞癌多発肺転移の1例」
第52回日本癌治療学会学術集会,平成26.8.28,横浜.
弓削拓也・大島健志・佐藤真輔・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行(外科)・平野秀和・多久佳成(腫瘍内科)・高木正和(外科)
「大腸癌術後に生じた孤立性副腎転移の1切除例」
第52回日本癌治療学会学術集会,平成26.8.30,横浜.
大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・間浩之・大島健志(外科)
「良性肝疾患に対する腹腔鏡下肝切除の検討」
第27回日本内視鏡外科学会総会,平成26.10.2,盛岡.
高橋道郎・大場範行・京田有介・金本秀行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)
「胆嚢癌疑診症例に対し、腹腔鏡下拡大胆嚢摘出術を施行した2例」
第27回日本内視鏡外科学会総会,平成26.10.4,盛岡.

佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行(外科)
「左側臥位気胸併用胸腔鏡下食道切除術における視野展開の工夫―見上げ法の立場から―」
第27回日本内視鏡外科学会総会,平成26.10.4,盛岡.
大島健志・大端考・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下に修復した会陰ヘルニアの1例」
第27回日本内視鏡外科学会総会,平成26.10.4,盛岡.
鳥居翔・金本秀行・大場範行・京田有介・高橋道郎・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「術後7年で肝側胆管断端再発を認めた胆管癌の1例」
第103回静岡胆膵疾患研究会,平成26.10.4,静岡.
大場範行・金本秀行・京田有介・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・間浩之・大島健志・大島典彦・佐藤祐充・弓削拓也(外科)
「多発肝嚢胞に対する治療法の考察(自験3症例より)」
第12回日本消化器外科学会大会,平成26.10.26,神戸.
平野秀和・多久佳成(腫瘍内科)・永井恵里奈・大端考(外科)・川村崇文(浜松医科大学第二外科)
「mFOLFOX6+Cetuximab療法施行後に切除可能となった膀胱浸潤合併S状結腸癌の一例」第
65回静岡県癌治療研究会,平成26.11.1,静岡.
幸本達矢・金本秀行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「十二指腸神経内分泌腫瘍術後多発肝転移に対して二期的肝切除を施行した1例」第
65回静岡県癌治療研究会,平成26.11.1,静岡.
曽根田亘・高橋道郎・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「膵癌術後膵液漏による仮性動脈瘤破裂に対し、ステントを使用した1例」
静岡県外科医会第229回集談会,平成26.11.1,浜松.
小井土耕平・大端考・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)・吉村耕治(泌尿器科)・田中博(形成外科)
「大腿薄筋弁を用いて修復し得た尿道直腸瘻の1例」
静岡県外科医会第229回集談会,平成26.11.1,浜松.
杉山恭平・瀧雄介・小井土耕平・鳥居翔・大島健志・間浩之・永井恵里奈・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「魚骨による小腸穿孔をきたし腹腔鏡下小腸部分切除術を施行した一例」
静岡県外科医会第229回集談会,平成26.11.1,浜松.
石川慎太郎・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和(外科)・新井一守・鈴木誠・室博之(病理検査科)・伊東和樹(伊東クリニック)
「細胆管細胞癌様の腺癌成分を含む混合型肝癌の1例」
第50回肝癌症例検討会,平成26.11.15,東京.
弓削拓也・大場範行・金本秀行・京田有介・高橋道郎・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・間浩之・大島健志
「良好な経過をたどった下大静脈浸潤を伴う肝内胆管癌の1切除例」
第76回日本臨床外科学会総会,平成26.11.20,郡山.
京田有介・大場範行・金本秀行・高橋道郎・高木正和・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也(外科)「
Stage4b膵癌に対する切除成績とその意義について」
第76回日本臨床外科学会総会,平成26.11.21,郡山.
高橋道郎・京田有介・金本秀行・大場範行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和(外科)「
内臓脂肪蓄積が膵頭部癌切除後の予後に与える影響について」第76回日本臨床外科学会総会,平成26.11.21,郡山.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・高橋道郎・京田有介・大端考・金本秀行・大場範行(外科)「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除における閉鎖循環型気腹装置の有用性」
第76回日本臨床外科学会総会,平成26.11.22,郡山.
瀧雄介・大場範行・大島健志・間浩之・永井恵里奈・高橋道郎・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和
「消化器外科領域におけるAcinetobacter菌血症の特徴」
第27回日本外科感染症学会総会学術集会,平成26.12.4,東京.
米田徳子(消化器内科)・間浩之・佐藤真輔(外科)・青山春奈・榎田浩平・重友美紀・黒上貴史・白根尚文・菊山正隆(消化器内科)
「大腸癌によるイレウスを合併した、腸管内異物の一例」
日本消化器病学会東海支部第121回例会,平成26.12.6,名古屋.
海外発表
Isao Nozaki, Ken Kato, Hiroyasu Igaki, Yoshinori Ito, Hiroyuki Daiko, Masahiko Yano, Harushi Udagawa, Satoru Nakagawa, Masakazu Takagi, Hiroshi Okabe, Tetsuya Abe, Tetsu Nakamura, Jun Hihara, Yasushi Toh, Yasunori Akutsu, Yuichi Shibuya, Junki Mizusawa, Kenichi Nakamura, Haruhiko Fukuda, Yuko Kitagawa (Japan Esophageal Oncology Group of Japan Clinical Oncology Group (JCOG),Japan)「Safety profile of thoracoscopic esophagectomy for esophageal cancer compared with traditional thoracotomy from the results of JCOG0502:a randomized trial of esophagectomy versus chemoradiotherapy」2014Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI),平成26.1.16-18, Moscone West Building, San Francisco, California.
Noriyuki Oba, Y.Kyoden, M.Takagi, M.Watanabe, K.Ohata, S.Sato, Y.Taki, E.Nagai, T.Oshima(Department of surgery, Shizuoka General Hospital)「 How to deal with concomitant lesions diagnosed as well-differentiated HCC by EOB-MRI」The 24th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver,平成26.3.13,Brisbane, Australia, Brisbane Convention and Exhibition Centre.

Yusuke Kyoden, Joji Iseki, Noriyuki Oba, Hideyuki Kanemoto, Masakazu Takagi, Shinsuke Sato, Masaya Watanabe, Ko Ohata(Department of surgery, Shizuoka General Hospital)「 The outcome of preoperative chemoradiation therapy for invasive ductal pancreatic cancer」 11th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association, 平成26.3.26, Seoul, Korea, Convention and Exhibition Center.
Noriyuki Oba, Hideyuki Kanemoto, Yusuke Kyoden, Michiro Takahashi (Department of Surgery, Shizuoka General Hospital)「Surgical Treatment for advanced Hepatocellular Carcinoma in Japanese Hospital」 XXIIICongress of the Latin American Association for the Study of the Liver,平成26.9.11-13, Fiesta Americana Grand Coral Beach Cancun, Mexico
Hideyuki Kanemoto(Division of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery. Division of Gastro-Intestinal Surgery, Shizuoka Cancer Center, Shizuoka, Japan)「Laparoscopic pancreas-preserving total duodenectomy for early duodenal carcinoma in a patient with familial adenomatous polyposis」 International Congress of Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia 2014,平成26.10.11, Bali Nusa Dua Convention Center, Nusa Dua, Bali, Indonesia.
M. Takahashi, Y. kyoden, H. Kanemoto, N. Oba, M. Watanabe, K. Ohata, M. Takagi (Department of Surgery, Shizuoka General Hospital, Shizuoka, Japan)「 Influence of Preoperative Visceral Fat Area on Outcomes after Pancreaticoduodenectomy for Patients with Pancreatic Adenocarcinoma」 The Joint 45th Meeting of the American Pancreatic Association and Japan Pancreas Society, 平成26.11.5-8, Kohala Coast, Hawaii.

平成25年度

国内発表
廣津周・京田有介・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和・伊関丈治(外科)
「十二指腸原発腫瘍と鑑別が困難であった膵神経内分泌腫瘍の一切除例」
第100回静岡胆膵疾患研究会,平成25.4.6,静岡.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・廣津周・和田尚人・高木航・野村明芳・宮川亨平・松本知拓・小坂隼人・西岡裕次郎・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行・伊関丈治(外科)
「食道扁平上皮癌切除例におけるmodified Glasgow Prognostic Scoreの臨床的意義の検討」
第113回日本外科学会定期学術集会,平成25.4.11-13,福岡.
高木正和(外科)・西川和宏(大阪府立急性期・総合医療センター外科)・石畝亨(埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科)・円谷彰(神奈川県立がんセンター消化器外科)・中村将人(相澤病院がん集学治療センター)・梨本篤(新潟県立がんセンター新潟病院外科)・山根貴夫(東京女子医科大学八千代医療センター外科診療部消化器外科)・森田智視(横浜市立大学臨床統計学・疫学)・坂本純一(名古屋大学社会生命科学ヤング・リーダー・プログラム)・辻仲利政(市立貝塚病院外科)
「S-1単独療法に治療抵抗性を示した進行再発胃癌に対するCPT-11+CDDP併用療法vs CPT-11単独療法の無作為化比較第III相臨床試験(TRICS):国内第2報」
第113回日本外科学会定期学術集会,平成25.4.11-13,福岡.
大島健志・大端考・和田尚人・廣津周・高木航・野村明芳・宮川亨平・西岡裕次郎・小坂隼人・松本知拓・戸松真琴・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和・伊関丈治(外科)
「当院における直腸癌の側方リンパ節郭清についての検討」
第113回日本外科学会定期学術集会,平成25.4.11-13,福岡.
西岡裕次郎・大場範行・和田尚人・廣津周・高木航・野村明芳・小坂隼人・宮川亨平・松本知拓・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和・伊関丈治(外科)
「80歳以上のHCV陽性肝細胞癌に対する治療方針の検討」
第113回日本外科学会定期学術集会,平成25.4.11-13,福岡.
大場範行・伊関丈治・京田有介・西岡裕次郎・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志(外科)
「高度な血管侵襲を伴う肝細胞癌の手術における補助療法に関する考察」
第113回日本外科学会定期学術集会,平成25.4.11-13,福岡.
瀧雄介・大場範行・大島健志・永井恵里奈・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・大端考・高木正和・伊関丈治(外科)・鈴木直之・菊山正隆(消化器内科)
「Hassab手術と脾動脈瘤切除を併施したNASHによる肝細胞癌の1例」
第47回肝癌症例検討会,平成25.4.20,東京.
野村明芳・大場範行(外科)
「肝細胞癌の診断で切除された肝血管筋脂肪腫の1例」
第130回名古屋肝疾患研究会,平成25.5.24,名古屋.
榎田浩平・上田樹・菊山正隆(消化器内科)・佐藤真輔(外科)・新井一守(病理診断科)
「III:膵頭部領域に嚢胞性病変を認めた1例」
第22回東京膵臓研究会,平成25.5.25,東京.
大場範行・伊関丈治・京田有介・西岡裕次郎・野村明芳(外科)
「当院における肝細胞癌の手術成績(高度進行例を中心に」」
第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成25.6.12,宇都宮
野村明芳・伊関丈治・京田有介・大場範行・西岡裕次郎・高木正和(外科)
「総胆管結石を伴う胆嚢結石症に対し胆管チューブステント留置が有効であった3例」
第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成25.6.13,宇都宮
高木哲彦・大場範行・伊関丈治・京田有介・西岡裕次郎・野村明芳(外科)
「S状結腸癌を合併した胆管内発育型肝内胆管癌の1切除例」
第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会,平成25.6.14,宇都宮
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・永井恵里奈(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術における術野展開の工夫と成績」
第67回日本食道学会学術集会,平成25.6.13,大阪.
大島典彦・佐藤真輔・高木正和・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)
「胸腔鏡下食道切除術を施行した平滑筋腫の1例」
静岡県外科医会第225回集談会,平成25.6.22,静岡.
佐藤祐充・戸松真琴・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「胃軸捻転により胃穿孔をきたした1例」
静岡県外科医会第225回集談会,平成25.6.22,静岡.
弓削拓也・野村明芳・大場範行・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「術前に肝細胞癌と診断した肝硬化性血管腫の1切除例」
静岡県外科医会第225回集談会,平成25.6.22,静岡.
野村明芳・渡邉昌也・大島典彦・佐藤祐充・弓削拓也・和田尚人・廣津周・川村崇文・高木航・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡による成人Bochdalek孔ヘルニアの1切除例」
第16回静岡内視鏡外科研究会,平成25.7.6,静岡.
永井恵里奈・高木正和・渡邉昌也・佐藤真輔・大島健志・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行・伊関丈治(外科)
「噴門側胃切除における吻合部合併症の検討」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.17,宮崎.
山本和義(大阪医療センター外科)・辻仲利政(市立貝塚病院外科)・関本貢嗣(大阪医療センター外科)・高橋剛・黒川幸典(大阪大学大学院外科学講座消化器外科学II)・山本篤・西口幸雄(大阪市立総合医療センター消化器外科)・佐藤真輔(外科)
「胃原発GIST治療実態と今後の治療戦略について:近畿GIST研究会『GIST登録事業』データに基づく」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.17,宮崎.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)・福地一樹(PETセンター)・伊関丈治(外科)
「GISTの悪性度診断における術前PET-CTの有用性とFDG negative GIST症例の検討」第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.17,宮崎.
高木航・大場範行・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和・伊関丈治(外科)
「術前に肝細胞癌との鑑別が困難であった肝細胞腺腫の2切除例」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.17,宮崎.
野村明芳・大端考・大島健志・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和・伊関丈治(外科)
「StageIV大腸癌に対する腹腔鏡下手術の安全性、有用性に対する検討」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.18,宮崎.
高木正和・渡邉昌也・佐藤真輔・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行・伊関丈治(外科)
「食道癌手術後の誤嚥性肺炎予防のための周術期嚥下機能評価」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.18,宮崎.
瀧雄介・高木正和・佐藤真輔・大島健志・永井恵里奈・京田有介・渡邉昌也・大端考・大場範行・伊関丈治(外科)
「食道癌術後の再建胃管切除を要する縫合不全に対する再建方法の工夫」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.18,宮崎.
大島健志・大端考・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和・伊関丈治(外科)
「大腸癌イレウスに対するbrigde to surgeryを目的とした大腸ステントの短期成績について」
第68回日本消化器外科学会総会,平成25.7.19,宮崎.
榎田浩平・上田樹・菊山正隆(消化器内科)・佐藤真輔(外科)・新井一守(病理診断科)
「十二指腸重複腸管の1例」
第47回肝胆膵治療研究会,平成25.8.24,名古屋.
瀧雄介・京田有介(外科)・菊山正隆(消化器内科)・望月剛(望月内科消化器科クリニック)・大島健志・永井恵里奈・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「腫瘍マーカー高値で疑われ、超音波内視鏡検査で診断された、TSI膵癌の1切除例」
第101回静岡胆膵疾患研究会,平成25.9.28,静岡.
大場範行・京田有介・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介(外科)
「肝臓外科でのレボカルニチンの使用経験」
第17回日本肝臓学会大会,平成25.10.10,東京.
宮城島俊・廣津周・佐藤真輔・大島健志・瀧雄介・永井恵里奈・京田有介・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「バーチャル小腸内視鏡が診断に有用であった小腸脂肪腫の1切除例」
静岡県外科医会第226回集談会,平成25.10.12,浜松.
戸松真琴・佐藤真輔・大場範行・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「外科的切除を繰り返し25年の長期生存を得ている高リスクGISTの1例」
静岡県外科医会第226回集談会,平成25.10.12,浜松
鹿毛雄太・和田尚人・大端考・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「乳糜のうっ滞を認めた内ヘルニアの1例」
静岡県外科医会第226回集談会,平成25.10.12,浜松.
大場範行(外科)
「肝区域と肝臓外科」
第16回清水消化器病談話会,平成25.10.18,静岡.
高木航(外科)
「ストーマ造設術後に穿孔を来たしたS状結腸癌の1例」
第63回静岡県癌治療研究会,平成25.10.19,静岡.
安井昌義(市立貝塚病院外科・消化器外科)・高橋剛(大阪大学消化器外科)・西田俊朗(大阪警察病院外科)・辻仲利政(市立貝塚病院外科・消化器外科)・中島康夫(大阪赤十字病院外科)・道清勉(東大阪市立総合病院外科)・山下好人(大阪市立総合医療センター消化器外科)・藤田淳也(市立豊中病院外科)・平松昌子(大阪医科大学一般・消化器外科)・川端良平(市立堺病院外科)・中井宏治(関西医科大学付属滝井病院外科)・中居卓也(近畿大学医学部付属病院外科)・野口美樹(金沢医科大学一般・消化器外科)・折田創(順天堂大学静岡病院外科)・庄野嘉治(国立病院機構大阪南医療センター外科)・相馬大人(大阪労災病院外科)・高木正和(外科)・上田修吾(北野病院消化器センター外科)・山本和義(国立病院機構大阪南医療センター外科)
「大腸GIST登録症例の検討」
第21回近畿GIST研究会, 平成25.10.19,大阪.
安井昌義(市立貝塚病院外科・消化器外科)・高橋剛(大阪大学消化器外科)・西田俊朗(大阪警察病院外科)・辻仲利政(市立貝塚病院外科・消化器外科)・中島康夫(大阪赤十字病院外科)・道清勉(東大阪市立総合病院外科)・山下好人(大阪市立総合医療センター消化器外科)・藤田淳也(市立豊中病院外科)・平松昌子(大阪医科大学一般・消化器外科)・川端良平(市立堺病院外科)・中井宏治(関西医科大学付属滝井病院外科)・中居卓也(近畿大学医学部付属病院外科)・野口美樹(金沢医科大学一般・消化器外科)・折田創(順天堂大学静岡病院外科)・庄野嘉治(国立病院機構大阪南医療センター外科)・相馬大人(大阪労災病院外科)・高木正和(外科)・上田修吾(北野病院消化器センター外科)・山本和義(国立病院機構大阪南医療センター外科)
「大腸GIST登録症例の検討」
第21回近畿GIST研究会, 平成25.10.19,大阪.
安井昌義(市立貝塚病院外科・近畿GIST研究会)・山本和義(国立大阪医療セ外科・近畿GIST研究会)・川端良平(市立堺病院・近畿GIST研究会)・六車一哉(大阪市立大消化器外科・近畿GIST研究会)・山下好人(大阪市立総合医療センター消化器外科・近畿GIST研究会)・高木正和(外科)・西田勉(大阪大消化器内科・近畿GIST研究会)・高橋剛(大阪大学消化器外科・近畿GIST研究会)・土岐祐一郎(大阪大消化器外科・近畿GIST研究会)・西田俊朗(大阪警察病院・近畿GIST研究会)・辻仲利政(市立貝塚病院外科・近畿GIST研究会)
「AYA世代(発症時年齢15歳以上~40歳未満)GIST症例の臨床病理学的検討」
第51回日本癌治療学会学術集会,平成25.10.23-25,京都.
和田尚人・高木航・佐藤真輔・高木正和・瀧雄介・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・京田有介・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)・平野秀和・多久佳成(腫瘍内科)
「根治的CRT後にDCF療法が著効し、切除しえた進行食道癌の1例」
第51回日本癌治療学会学術集会,平成25.10.25,京都.
大島典彦・佐藤真輔・渡邉昌也・高木航・野村明芳・河村崇史・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下胃切除術を施行した高齢者の重複胃管の一例」
第75回日本臨床外科学会総会,平成25.11.21-23,名古屋.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・廣津周・和田尚人・高木航・野村明芳・川村崇文・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術における上縦隔郭清の工夫―開胸手術に近い手順へ―」
第75回日本臨床外科学会総会,平成25.11.21-23,名古屋.
廣津周・川村崇文・渡邉昌也・和田尚人・高木航・野村明芳・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下修復術を施行した食道裂孔ヘルニアとMorgagni孔ヘルニアの合併例」
第75回日本臨床外科学会総会,平成25.11.21-23,名古屋.
野村明芳・大場範行・廣津周・和田尚人・川村崇文・高木航・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「術前に肝細胞癌と診断した肝血管筋脂肪腫の1例」
第75回日本臨床外科学会総会,平成25.11.21-23,名古屋.
京田有介・伊関丈治・大場範行・永井恵里奈・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「術前化学放射線療法により切除可能となった局所進行膵癌の3例」
第75回日本臨床外科学会総会,平成25.11.21-23,名古屋.
瀧雄介・大端考・大島健志・永井恵里奈・京田有介・佐藤真輔・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「直腸癌術後1ヶ月に発症し、急激な経過をたどったMRSAによるToxic shock syndromeの1例」
第26回日本外科感染症学会,平成25.11.25,神戸.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・野村明芳・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「気胸併用左側臥位胸腔鏡下食道切除術における術中血管損傷と対処法」
第26回日本内視鏡外科学会総会,平成25.11.28-30,福岡.
川村崇文・渡邉昌也・野村明芳・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・大場範行・高木正和(外科)
「腹腔鏡下胃全摘Roux-en-Y再建術後にPetersen’s defectに生じた内ヘルニアに対し腹腔鏡下に整復しえた1例」
第26回日本内視鏡外科学会総会,平成25.11.28-30,福岡.
宮城島俊・廣津周・佐藤真輔・高木正和(外科)・吉川俊之・黒上貴史・菊山正隆(消化器内科)
「バーチャル小腸内視鏡が診断に有用であった小腸脂肪腫の一切除例」
第119回静岡県大腸疾患研究会,平成25.11.30,静岡.
宮城島俊・廣津周・佐藤真輔・高木正和(外科)・吉川俊之・黒上貴史・菊山正隆(消化器内科)
「バーチャル小腸内視鏡が診断に有用であった小腸脂肪腫の一切除例」
第119回静岡県大腸疾患研究会,平成25.11.30,静岡.
川村崇文・大端考(外科)
「緩和的CRT後に切除可能となった膀胱浸潤を伴う進行S状結腸癌の一例」
第8回静岡県中部大腸癌診療研究会,平成25.12.7,静岡.
佐藤祐充・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「ガーゼオーマにより絞扼性イレウスを起こした1例」
静岡県外科医会第227回集談会,平成26.3.1,三島.
新垣秀樹・高木航・永井恵里奈・大島典彦・佐藤祐充・弓削拓也・廣津周・河村崇文・野村明芳・戸松真琴・大島健志・間浩之・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行・高木正和(外科)
「メッケル憩室出血の1切除例」
静岡県外科医会第227回集談会,平成26.3.1,三島.
戸松真琴・大場範行・高木正和・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・京田有介・瀧雄介・永井恵里奈・大島健志(外科)
「当科における鏡視下肝臓手術の現状」
静岡県外科医会第227回集談会,平成26.3.1,三島.
野村明芳・佐藤真輔・大島健志・永井恵里奈・大端考・渡邉昌也・高木正和(外科)
「自傷行為により双孔式ストマを離断して体外で小腸切除し、緊急開腹術を施行した1例」
第50回日本腹部救急医学会総会,平成26.3.7,東京
戸松真琴・大場範行・金本秀行・京田有介・渡邉昌也・大端考・佐藤真輔・瀧雄介・間浩之・永井恵里奈・大島健志・高木航・野村明芳・川村崇文・廣津周・大島典彦・佐藤祐充・弓削拓也・高木正和(外科)
「当院における肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除の現況とその手術成績」
第55回静岡県肝臓談話会,平成26.3.15,浜松.
大島典彦・高木正和・弓削拓也・佐藤祐充・廣津周・高木航・野村明芳・川村崇文・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)
「術前化学療法にて主病巣が病理学的CRとなった食道癌症例の検討」
第64回静岡県癌治療研究会,平成26.3.15,静岡.
佐藤真輔・高木正和・渡邉昌也・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・瀧雄介・京田有介・大端考・大場範行(外科)
「当院における5cm未満の胃GIST切除症例の検討」
第86回日本胃癌学会総会,平成26.3.22,横浜.
藤田淳也(NTT西日本大阪病院外科・近畿GIST研究会)・高橋剛(大阪大学消化器外科)・山下好人(大阪市立総合医療センター外科)・佐藤真輔(静岡県立総合病院外科)・山本和義(国立病院機構大阪医療センター外科)・中島康夫(大阪赤十字病院外科)・辻仲利政(近畿GIST研究会・市立貝塚病院外科)
「GIST治癒切除後の再発症例に関する検討」
第86回日本胃癌学会総会,平成26.3.22,横浜.
高木航・永井恵里奈・戸松真琴・大島健志・瀧雄介・京田有介・佐藤真輔・大端考・渡邉昌也・大場範行(外科)・鈴木誠(病理診断科)・高木正和(外科)
「右肺浸潤として切除後、放線菌症合併による癒着と判明した食道浸潤胃癌の1例」
第86回日本胃癌学会総会,平成26.3.22,横浜.
重友美紀・菊山正隆・青山春奈・榎田浩平・山田友世・黒上貴史・白根尚文(消化器内科)・京田有介(外科)・室博之(病理診断科)
「主膵管内乳頭状腫瘍のみを術前画像にて認めた浸潤性膵管癌の1例」
第102回静岡胆膵疾患研究会,平成26.3.29,静岡.
大島典彦・京田有介・渡邉昌也・弓削拓也・佐藤祐充・高木航・野村明芳・川村崇文・戸松真琴・大島健志・永井恵里奈・間浩之・瀧雄介・佐藤真輔・大端考・金本秀行・大場範行・高木正和(外科)
「膵粘液嚢胞腺腫に副腎リンパ管腫を合併した一例」
第102回静岡胆膵疾患研究会,平成26.3.29,静岡.

海外発表
Oba N・Iseki J・Takagi M・Watanabe M・Ohata K・Sato S・Kyoden Y・Nagai E・Taki Y・Oshima T・Tsuneizumi M・Nishioka Y(外科)
「The clicopathological features and surgical outcomes of intrahepatic cholangiocarcinoma.」
The 23th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver,2013.6.6-10,Singapore.
Fukuchi K(Department of Radiology)・Kikuyama M(Department of Gastroenterology)・Sato S(Department of Surgery)・Matsuyama M・Mochizuki M(Department of Radiology)
「Clinical value of FDG-PET/CT for evaluation of primary carcinoma of the small intestine」
Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2013 Annual Meeting,2013.6.8-12,
Tsujinaka T,Yamamoto K,Takahashi T,Sato S(Department of Surgery,Shizuoka General Hospital,Japan),Nishiguchi Y,Nakajima Y,Muguruma K,Nishida T
「Role of gastric cancer screening system on the treatment outcome of gastric GIST in Japan from analysis of the GIST registry」
10th International Gastric Cancer Congress,2013.6.19-22,
Oba N・Kyoden Y・Takagi M・Watanabe M・Ohata K・Sato S・Taki Y・Nagai E・ Oshima T(Department of Surgery)
「Early Recurrent Cases of Small-sized Hepatocellular Carcinoma after Hepatectomy.」
International Liver Cancer Association 7th Annual Conference,2013.9.13-15, Washington D.C,USA.
Nozaki I・Kato K・Igaki H・Ito Y・Daiko H・Yano M・Udagawa H・Nakagawa S・Takagi M・Okabe H・Abe T・Nakamura T・Hihara J・Toh Y・Akutsu Y・Shibuya Y・Mizusawa J・Nakamura K・Fukuda H・Kitagawa Y (Japan Esophageal Oncology Group of Japan Clinical Oncology Group (JCOG),Japan)
Safety profile of thoracoscopic esophagectomy for esophageal cancer compared with traditional thoracotomy from the results of JCOG0502:a randomized trial of esophagectomy versus chemoradiotherapy,
2014Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI),2014,1.16-18, Moscone West Building, San Francisco, California.
Oba N・Kyoden Y・Takagi M・Watanabe M・Ohata K・Sato S・Taki Y・Nagai E, Oshima T(外科)
「How to deal with concomitant lesions diagnosed as well-differentiated HCC by EOB-MRI」
The 24th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver,、2014.3.13,Brisbane,Australia
Kyoden Y・Iseki J・Oba N・Kanemoto H・Takagi M・Sato S・Watanabe M・Ohata K(外科)
「The outcome of preoperative chemoradiation therapy for invasive ductal pancreatic cancer」
11th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association,2014.3.26, Seoul, Korea