グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



部門紹介
ホーム  > 部門紹介  > 薬剤部  > スタッフ紹介

スタッフ紹介

最終更新日:2018年5月18日
部長木村 緑
副部長鈴木 貴也
他のスタッフ
  • 薬剤師 40名(常勤 36名、有期雇用 4名)
  • 助手 9名

専門・認定薬剤師

日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師3人
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師3人
日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師1人
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定23人
日本臨床薬理学会 認定CRC3人
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師9人
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師3人
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師3人
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療養士1人
日本禁煙学会 禁煙認定専門指導者1人
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師1人
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師3人
日本医療薬学会 指導薬剤師1人
日本医療薬学会 認定薬剤師2人
日本医療薬学会 がん専門薬剤師6人
厚生労働省 DMAT(ロジスティック)1人
日本医療薬学会 がん指導薬剤師1人
日本医療薬学会 薬物療法指導薬剤師1人
糖尿病療養指導士2人

「実務実習を経験して静岡県立総合病院に就職を決めました。」

私は、静岡県立総合病院で2ヶ月半の実務実習を行わせていただきました。その中で、調剤だけでなく、チーム医療への参画や病棟での丁寧な服薬指導、調剤過誤防止策の考案、医薬品情報の発信を通した医薬品適正使用の推進など、薬剤師の様々な活躍をみて、出身地は山梨県ですが、静岡県立総合病院への就職を希望しました。
さらに、認定や専門を取得している薬剤師も多く、専門性の高い薬物療法が行われている中で働くことができるということも魅力に感じました。
野神 優月

「静岡県立大学大学院社会人院生をスタート」

私は、臨床研究を通じ患者さんの利益に貢献したく、他院より転職しました。病院薬剤師として勤務しながら2018年4月より静岡県立大学大学院臨床薬効解析学講座で、臨床研究を行っています。
静岡県立総合病院には静岡県立大学薬学部の研究室が完備されており、大学病院ではないにも関わらず、臨床研究が行いやすい稀有な環境の病院です。また多くの専門資格を有した薬剤師から指導を仰ぐこともできます。
医療の質の向上に繋がる成果を残せるよう努力していきたいと思います。
村松 脩

「3人の子育てをしながら」

私は、産休育休を3回取得後3人の子供を育てながら、常勤薬剤師として働いています。常勤ではありますが、現在は部分休業制度を利用し、本来の勤務時間よりも短い時間で働かせてもらっています。上司や同僚の配慮や協力により、出産後も仕事を続けられ、感謝の気持ちでいっぱいです。当院薬剤部には、子育て経験者や小さい子供を育てながら働くお母さん薬剤師がたくさんおり、女性にとって働きやすい職場であると思います。
黒見 真由

「富士市から自家用車で通勤」

29診療科を持ち、より複合的な医療が提供されている静岡県立総合病院では幅広い知識と臨床経験をつめると考え、就職を決めました。さらに専門・認定資格を持つ薬剤師が多数在籍しており、実際に日常業務の中でも先輩方から学ぶことも多く、魅力のひとつだと思います。
また私は県東部から車通勤していますが、静岡県立総合病院はバイパスからのアクセスがよく、距離はあっても通勤しやすいと感じています。
鈴木 裕香