グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



病院概要
ホーム  > 病院概要  > 沿革

沿革

最終更新日:2017年11月8日
昭和23年6月静岡市追手町に県立中央病院開設(46床)
昭和26年9月静岡市鷹匠町に移転(一般65床、結核90床)
昭和33年5月清水市に県立富士見病院開設(結核360床)
昭和42年5月富士見病院増床(一般40床、結核360床)
昭和42年10月中央病院一般病床増床(一般318床)
昭和46年4月臨床研修指定病院指定
昭和52年1月県立病院経営改善等対策委員会より「県立病院の経営改善等に関する報告書」を知事に報告
昭和53年7月県立3病院整備委員会を設置
昭和53年12月県立3病院整備委員会より「県立3病院の整備に関する意見書」の提出
昭和54年4月富士見病院病床数変更(一般130床、結核184床)
昭和54年12月新総合病院建設委員会より「新総合病院の建設計画に関する意見書」の提出
昭和57年10月新総合病院建設工事完成(鉄筋コンクリート造 地上6階、地下1階) (昭和55年11月着工)
昭和58年2月県立中央病院及び県立富士見病院を廃止統合、県立総合病院を静岡市北安東地内に開設(病床数700床)
院長  三好 秋馬 就任
昭和61年6月電算システム運用開始
昭和61年11月西館完成(鉄筋コンクリート造3階建)
昭和62年10月院長 鏑木 恒男 就任
平成3年4月院内標榜科の表示
平成7年4月院長 佐古 伊康 就任
平成8年5月エイズ治療拠点病院指定
平成8年11月基幹災害医療センター指定
平成9年4月へき地医療支援病院の指定、物流管理システム運用開始
平成10年6月脳死下での臓器提供施設の指定
平成10年11月難病医療拠点病院指定
平成12年4月北館建設工事完成(鉄筋コンクリート造6階建) (平成10年10月着工)
平成12年5月北館開設(病床数720床、うち北館分90床)
平成15年4月院長 神原 啓文 就任
平成15年8月地域がん診療連携拠点病院の指定
平成16年4月財団法人日本医療機能評価機構の認定取得
平成16年6月開放病床の開設
平成18年7月電子カルテシステム運用開始
平成18年10月静岡PETイメージングセンター開所(Shizuoka PET Imaging Center)(鉄筋コンクリート造3階建) (平成17年7月着工)(別ウィンドウで開きます)
平成19年7月地域医療支援病院の承認
平成19年10月浙江省人民医院と調印式
平成20年7月DPC対象病院
平成20年8月循環器病センター開所(鉄筋コンクリート造6階建)(平成18年9月着工)
平成21年4月地方独立行政法人 静岡県立病院機構が運営する形態へ移行
平成22年4月エコアクション21の認証・取得 → 平成26年3月取り下げ
平成23年3月東日本大震災へDMAT出動
平成23年11月卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定
平成24年4月院内保育所「おひさま」、レストラン「けやき」、みんなの図書室「ポプラ」オープン
平成24年7月HCU開棟
平成24年8月ホスピタルコンビニオープン
平成25年4月院長 田中 一成 就任
平成25年7月救命救急センター指定
平成25年12月手術支援ロボ「ダ・ヴィンチ」を購入
平成26年6月ドクターカーの運用開始
平成26年10月ハイブリッド手術室を整備
平成27年3月検査部がISO15189の認定取得
平成27年3月高度救命救急センター指定
平成27年4月病床数・種別の変更(結核100→50床、一般620→662床)
平成27年4月遺伝子診療科の開設
平成27年7月院外駐車場の設置、シャトル便の運行開始
平成27年12月先端医学棟(鉄骨(CFT)造 一部鉄筋コンクリート造5階建)建築工事着工
平成27年12月ドクターカーのミニカー製作、販売開始
平成27年12月経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)実施開始
平成28年1月新医療情報システム運用開始
平成28年4月熊本地震に医療救護班1班の出動