グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科
ホーム  > 診療科  > 循環器内科

循環器内科

最終更新日:2016年5月18日
当院循環器病センター(循環器内科心臓血管外科)では、あらゆる循環器疾患に対して、24時間365日緊急対応しています。
CCU当直医へのホットラインへご連絡していただけましたら、早急に内科治療・外科治療の対応を致します。

循環器内科について

循環器の分野の進歩はこの数年目覚しいものがあります。冠動脈インターベンションにおけるアキレス腱といわれた再狭窄は薬剤溶出性ステント(drug eluting stent DES)の出現により激減しました。致死性不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)の普及、更には心臓再同期療法(Cardiac resychronization thrapy CRT)による心不全治療の新たな展開など枚挙の暇がありません。しかしながら、未だいくら治療しても効果のない人も多数おられます。

また、新たな問題も生じています。薬剤溶出性ステント内の遅発性血栓症(約0.2%/年)や慢性心不全患者の増加などです。何とか克服する方法を見出そうとスタッフ一同日夜励んでいます。

グラフ

また治らない人にもあらゆる意味においてできる限りのことをして差し上げたいとの思いで一生懸命頑張っています。

やはり病気は予防と早期発見が非常に大切です。それには病診連携の充実や非侵襲的な検査の整備が重要であると考えています。

以下のグラフに示すように地域の診療所の先生から多数紹介されて、病院と診療所の医師の二人主治医制《イー(医)ツー(2)ネット》で患者さんを支えています(病診連携)。